« 大震災から14年 | Main | 公認会計士協会 パブコメ 「監査・保証実務委員会報告第82号「財務報告に係る内部統制の監査に関する実務上の取扱い」(改正) »

2009.01.17

とある建設会社の裏金事件と財務報告に係る内部統制

 こんにちは、丸山満彦です。とある建設会社の裏金問題が大きく報道されていますが、このような会社の財務報告に係る内部統制の有効性はどのように評価されるのか興味があるところです。。。
 ひょっとしたら、会社側も監査人側も全社統制の評価が終わっているかもしれませんね。。。

■西松建設
・2009.01.14 当社の元副社長等が逮捕された件について
=====
平成21 年1 月14 日
各 位
会 社 名 西松建設株式会社
代表者名 代表取締役社長 國澤 幹雄
( コード番号 1820 東証第一部 )
問合せ先 執行役員総務部長 弘田 和正
( TEL.03 - 3502 - 0232 )

当社の元副社長等が逮捕された件について

本日、当社の元副社長、当社社員、並びに子会社の元社長が外為法違反の容疑で逮捕されました。
当社といたしましては、かかる事態に至ったことにつきまして、企業として危急存亡の問題として、経営責任を深く認識しております。
当社は、これまでも企業の社会的責任を自覚し、コンプライアンスの確立に向け努力してまいりましたが、今般の事態発生を重く受け止め、徹底した社内調査を行い、原因を解明すると共に、二度とこのような反社会的な行為を惹起しないよう全社一丸となって、法令遵守と内部統制管理体制を築き、信頼回復に努めて参る所存です。
当社は、今後「新生西松」を確立するために、企業体質の改革と社内体制の刷新を目指します。
最後に、株主、お客様並びに、関係各位に多大なご迷惑、ご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。
以上
======
 
【報道】
■日経新聞

・2009.01.17 西松裏金事件 献金偽装、海外リベートなど3つの疑惑
=====
・・・東京地検特捜部の捜査の過程で、同社OBが設立した政治団体の献金偽装疑惑、海外高官へのリベート疑惑、原子力発電所を巡る受注工作の疑惑が浮上。過去10年間で10億円以上の裏金がつくられたとされ、こうした利権体質にもメスが入るか注目される。
=====
・2009.01.17 西松建設事件、国沢社長の辞任は不可避 業績への影響必至
=====
・・・元副社長ら4人が逮捕され、国沢社長自身も東京地検特捜部から外為法違反容疑の参考人として事情聴取を受けたためだ。裏金工作は会社ぐるみの可能性もあり、業績に影響がでるのは必至だ。
 関係者によると国沢社長に対する参考人聴取があったのは15日で、裏金づくりなどへの認識の有無について説明を求められたもようだ。2003年に社長に就任した国沢氏は経営企画など管理部門が長い。社長就任前には財務・経理も統括する立場にあったため、今回の事件との関連が取りざたされている。
=====
・2009.01.16 西松建設事件、社長から参考人聴取 東京地検

・2009.01.15 西松建設「法人」も立件へ 元副社長、貸金庫で裏金管理

■朝日新聞
・2009.01.17 西松建設社長が裏金融資を指示か 関係者証言
=====
・・・同社の国沢幹雄社長(70)が、裏金の使途の一つとみられる福島県の建設会社への融資の一部を指示していた疑いが強いことが関係者の話でわかった。融資総額は2億数千万円。無担保のうえ、実質的に全く返済されていないことから、原子力発電所関連工事の地元対策などに絡んだ不明朗な資金提供とみられている。・・・
=====

・2009.01.17 沈黙守る社長に社員不満 西松建設の裏金問題
=====
・・・さらに同年11月、海外の銀行口座で管理していた裏金の一部を着服したとして元海外事業部副事業部長の高原和彦容疑者(63)が業務上横領容疑で逮捕されると、同社は有識者による外部調査委員会を設ける対策を発表。しかし、同社関係者によると、国沢社長はその後も役員らに「大丈夫だ」と言うだけで、詳しい説明をしていないという。・・・
=====

・2009.01.16 広瀬知事側に100万円/西松建設関連団体
=====
・・・同社の政治献金を巡っては、中国支店(広島市)の社員や本社経理部長ら少なくとも21人が01年10月、いずれも個人名で、亀井静香衆院議員(当時は自民党)の資金管理団体に一律12万円を寄付していたことも発覚している。
=====

・2009.01.16 西松建設社長を参考人聴取 東京地検特捜部、裏金めぐり
=====
準大手ゼネコン「西松建設」(東京)の裏金事件を捜査している東京地検特捜部が15日、同社の国沢幹雄社長(70)を参考人として任意で事情聴取したことが、関係者の話でわかった。同社の裏金は本社の中枢部門の「管理本部」が統括しており、国沢社長も管理本部長経験があることから、特捜部は、裏金作りに関する認識の有無などについて説明を求めた模様だ。
・・・
関係者によると、同社では過去5年間に下請け業者から工事費の一部を還流させるなどの手法で国内で10億円以上、海外で約10億円の裏金を作っていたとされる。裏金作りは国内分が15年以上前から、海外分が93年以降から始まったとみられている。裏金作りを統括し、その引き出しなどを指示していたのは経理や総務を担当する本社の「管理本部」で、国沢社長は95~03年に同本部長を務めていた。外為法違反容疑で逮捕された藤巻元副社長はその後任だった。
=====

・2009.01.15 西松建設の事業「捜査が必要」 タイ下院委が報告書

・2009.01.14 西松建設の子会社元社長、裏金持ち込みに関与の疑い
=====
 準大手ゼネコン「西松建設」(東京)の裏金問題に絡んで、同社の子会社の元社長(67)=西松建設の元部長=が、海外で作られた裏金約1億円の国内への不正な持ち込みに関与していた疑いがあることが関係者の話でわかった。子会社は、西松建設の裏金が使われる際に取引の形などをとって関係先との間に介在していたとされる。・・・
=====

・2009.01.14 西松建設、裏金は本社中枢が管理 社長の認識、次の焦点
=====
・・・同社が過去5年間に国内外で作った20億円を超える裏金は、本社の中枢部門とされる「管理本部」が統括していたことも判明。国沢幹雄社長(70)にも管理本部長経験があることから、裏金作りをめぐる同社長の認識の有無などが今後の焦点になりそうだ。・・・
=====

■読売新聞
・2009.01.17 西松建設の裏金、元副社長ら名義の貸金庫で保管
=====
・・・藤巻、宇都宮両容疑者はともに1964年に西松建設に入社。藤巻容疑者は2003年、海外でプールしていた裏金の引き出しを指示していたとされる同社管理本部(旧事務本部)の本部長に就任。前任は国沢幹雄社長(70)だった。宇都宮容疑者も90年代後半、国沢社長が社長室長時代に社長室の部長を務めており、両容疑者とも国沢社長の「側近」とされた。・・・
=====

・2009.01.16 西松建設社長を任意聴取…東京地検

・2009.01.16 違法献金、現社長が発案・指示…西松建設幹部が
=====
準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)が、OBを代表にした二つの政治団体を使い、国会議員らへの企業献金を続けていた問題で、複数の同社幹部が東京地検特捜部の事情聴取に対し、こうした献金システムを発案し、政治団体の設立の検討を指示したのは、同社の国沢幹雄社長(70)だったと供述していることが、同社関係者などの話でわかった。
・・・
問題の政治団体の一つである「新政治問題研究会」(2006年解散)が設立されたのは1995年。複数の同社関係者によると、ゼネコン汚職(93~94年)で政治家と建設業界の癒着が社会問題になり、政治家への企業献金が以前よりやりにくくなったことから、当時、専務として経理・総務部門を統括していた国沢社長が、直属の部下で社長室経営企画部長だった同社子会社「松栄不動産」元社長・宇都宮敬容疑者(67)(外国為替及び外国貿易法違反容疑で逮捕)らに政治団体設立を検討するよう指示した。
 これを受けて宇都宮容疑者が中心となり、国沢社長に相談したり同研究会代表に就くOBらと協議したりしながら、幹部社員らに会費を支払わせ、会費分を賞与に上乗せして補填(ほてん)する仕組みを作り上げたという。
=====

■毎日新聞
・2009.01.17 西松建設裏金:歴代首脳引き継ぎ 東京地検、法人を立件方針
=====
 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)の外為法違反事件で、海外での裏金作りや国内への違法な持ち込みが、歴代の副社長など会社首脳部間で引き継がれていたことが、同社関係者の話で分かった。こうした慣習は、国沢幹雄社長(70)も認識・了承していた可能性が高いという。東京地検特捜部も同様の実態を把握しており、外為法の両罰規定に基づき、法人としての同社を立件する方針を固めた模様だ。
・・・
 海外での裏金作りは少なくとも十数年前に始まり、歴代首脳間で引き継がれてきたといい、ある元幹部は「藤巻容疑者も前任者から引き継いだと聞いている」と話す。国沢社長も03年まで、裏金作りを統括していたとされる管理本部長を務めていたことから、特捜部は15日、国沢社長から任意で事情聴取し、裏金についての認識を聞いた模様だ。
=====

・2009.01.16 西松建設裏金:社長から任意聴取 就任直前に本部長
=====
・・・国沢社長が裏金を管理する管理本部長経験もあることから、社長自身の裏金についての認識を聴いたとみられる。
 国沢社長は社長就任直前の03年まで管理本部長を務めた。同社関係者によると、裏金作りは十数年前から始まり、国沢社長が本部長だった時期と重なるという。・・・
=====
=====

|

« 大震災から14年 | Main | 公認会計士協会 パブコメ 「監査・保証実務委員会報告第82号「財務報告に係る内部統制の監査に関する実務上の取扱い」(改正) »

Comments

コンピュータ屋です。
お久しぶりです。

監査人さんはともかく、会社側の全社統制の評価では無視されていたでしょうね。評価する人と不正を起こした人が同じではどうしようもないですね、トップの方の有効性の自己評価は難しいと思います。真摯な姿勢でやられれば別ですが。もう一方の業務プロセスの評価の積み上げからみつけられる可能性もありますが、重箱の隅っこを評価するのみではこれも無理がありますね。残りの期待は監査役監査ですが。いかがでしょうか。

Posted by: コンピュータ屋 | 2009.01.18 09:24

コンピュータ屋さん、コメントありがとうございます。。。

> トップの方の有効性の自己評価は難しいと思います。

トップの誠実性にかんする自己評価は必ず有効になるんですよ。
・不誠実な経営者=>不誠実ゆえに誠実と評価する
・誠実な経営者=>誠実ゆえに誠実と評価する

ですよね。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2009.01.20 10:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference とある建設会社の裏金事件と財務報告に係る内部統制:

« 大震災から14年 | Main | 公認会計士協会 パブコメ 「監査・保証実務委員会報告第82号「財務報告に係る内部統制の監査に関する実務上の取扱い」(改正) »