« ナナボシ監査法人損害賠償事件 大阪高裁で和解 | Main | 内閣官房 第19回情報セキュリティ政策会議の開催について »

2008.12.11

各省庁に民間から「情報安全補佐官」の採用を義務づけ?

 こんにちは、丸山満彦です。なかなかブログの更新ができない日が続いておりますが。。。日経新聞に、「民間から「情報安全補佐官」 各省庁の採用を政府が義務づけ」という記事がでていましたね。。。

 
●日経新聞
・2008.12.10 民間から「情報安全補佐官」 各省庁の採用を政府が義務づけ
=====
・・・最高情報セキュリティーアドバイザー(補佐官)として民間から専門家を採用することを各省庁に義務づける。大規模プロジェクトの情報システムの企画や設計、開発などに携わった経験や大手企業内の情報セキュリティー責任者としての実績などを要件に各省庁が公募する。
 各省庁の官房長クラスを「最高情報セキュリティー責任者」として、補佐官が緊急時にアドバイスする。各省庁の情報セキュリティー体制を客観的視点から評価し、年次報告書を取りまとめて公表する。
=====
 ということのようですね。。。

|

« ナナボシ監査法人損害賠償事件 大阪高裁で和解 | Main | 内閣官房 第19回情報セキュリティ政策会議の開催について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/43384265

Listed below are links to weblogs that reference 各省庁に民間から「情報安全補佐官」の採用を義務づけ?:

« ナナボシ監査法人損害賠償事件 大阪高裁で和解 | Main | 内閣官房 第19回情報セキュリティ政策会議の開催について »