« 運転制御システム故障で新幹線が運転停止 | Main | 内部監査推進全国大会 »

2008.09.29

IPA 2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査の報告書

 こんにちは、丸山満彦です。IPAが「2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査の報告書」を公開していますね。。。

 
■IPA
・2008.09.29 2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査の報告書公開 ~未だに認識されない無線LANの危険性~
=====
・・・無線LANのセキュリティ対策を実施している回答者は全体の55.4%にとどまりました。
 これらの調査項目より、無線LAN利用者のセキュリティ意識の低さが目立つ結果となりました。
※近年の無線LAN機器は、使用するための設定を行う際に、併せてセキュリティ設定をするよう促すことから、「対策を実施していない」と回答した44.6%の中には、セキュリティ対策を実施していながら、それを自覚していない利用者がいる可能性も考えられます。
=====

 個人でなくても企業でもちゃんとしていない場合があるので、確認をしておくとよいかもしれません。。。

2008年第1回報告
情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査 報告書(2008年度第1回)

【参考】このブログ
・2008.05.28 IPA 情報セキュリティ白書2008 第II部「10大脅威 ますます進む『見えない化』」を公開

|

« 運転制御システム故障で新幹線が運転停止 | Main | 内部監査推進全国大会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IPA 2008年度第1回 情報セキュリティに関する脅威に対する意識調査の報告書:

« 運転制御システム故障で新幹線が運転停止 | Main | 内部監査推進全国大会 »