« 中国版SOX法? | Main | 米国における重要な不備の定義 »

2008.07.09

国内上場企業の過半数が新型インフルエンザ対策をしていない。。。

 こんにちは、丸山満彦です。なんとなくそんな感じはします。で、未回答の企業が多いですが、未回答の企業はきっと回答した企業よりもずっと新型インフルエンザ対策をしていないような気がします。。。

 
 インターリスク総研が5~6月にかけて調査したようです。

■毎日新聞
・2008.07.09 新型インフルエンザ:国内上場企業の過半数、対策なし
=====
・・・「既存の対策で対応できる」などの事実誤認も多く、企業の意識が問われそうだ。
 調査は、三井住友海上グループのインターリスク総研(東京都)が実施。国内全上場企業3949社が対象で、448社が答えた。
 対策を実行済みの企業は44社にとどまり、・・・
=====
 なるほど・・・

448社中
 対策を実行済み=44社
 計画策定中=64社
 今後対応予定=105社
 対応の予定なし=233社

ですか・・・

|

« 中国版SOX法? | Main | 米国における重要な不備の定義 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国内上場企業の過半数が新型インフルエンザ対策をしていない。。。:

« 中国版SOX法? | Main | 米国における重要な不備の定義 »