« 日本システム監査人協会 近畿支部 20周年記念シンポジウムに参加しました。。。 | Main | IPA 「ハッシュ関数安全性評価手法の開発」に関する報告書 »

2008.07.14

日本のインターネットはどうなんのよ。。。

 こんにちは、丸山満彦です。今年の白浜シンポのパネルディスカッションは「ネットワーク規制」という題で、岡村先生、高木さん、ガ島通信の藤代さんそして私がでました。会場の皆さんとこい~ディスカッションが行われたわけです。会場には、武田先生、上原先生、高倉先生などのメンバーもいますので、そうなりますわな・・・。その中で高木さんが、「固有IDの問題」を提起されました。会場を含めて熱い?議論が繰り広げられたわけですが、「固有IDの問題を正しく理解してもらいたい。」という高木さんの投げかけについてみなさんもよく考えてみることが重要かと思います。。。

 
【参考】
高木浩光@自宅の日記
・2008.07.10 日本のインターネットが終了する日

武田圭史
・2008.07.11 日本のインターネットを終了しますか?

 を読むといいですね。。。その際に、

・将来起こるかもしれない事象についての議論であること
・それが起こる可能性はどの程度なのか?その根拠は
・それが起こった場合の影響はどうなるのか?その根拠は
・対策をすることにより生じる別のリスクについてはまた議論しなければんらないということ

 ということを意識しながら読んでほうがよいでしょうね。。。

 また、時間がある方は、佐々木先生が主査をつとめるリスクマネジメント学会のITリスク研究会の勉強会で講演をしていただいた中谷内一也先生の
● リスクのモノサシ 安全・安心生活はありうるか
 も読んでおくとよいでしょうね。。。


|

« 日本システム監査人協会 近畿支部 20周年記念シンポジウムに参加しました。。。 | Main | IPA 「ハッシュ関数安全性評価手法の開発」に関する報告書 »

Comments

固有IDを出すようにするのだから

 ・permanent cookie
 ・3rd party cookie
 ・個人情報保護法違反

なだけでしょ? 考えなきゃ判らない内容かな?


携帯でワンクリック詐欺などで誤ってアダルトサイトに接続したら、住所・氏名などの個人が(名寄せで)特定できるというのが「便利」な状況だと言っているのですよね。

固有IDの問題が理解できていない人もいるようだけれど、反対を押し切って取り返しのつかない事をしてしまったと理解するのに何年かかるのか知らないけれど、問題を理解できない人が多いことはそれが問題ではない事を意味しない。でもここまでひどいと「20階から飛び降りたら、死ぬか大怪我するなんて、まだ実際に飛んだわけでもないのにどうしてわかるのか!」と言い張って飛んでみるのと同レベル。

おおかた悪用されまくって慌てて「悪用する奴が悪い」と罰則の強化で何とかできると考えるのでしょうね、日本の官僚は。

Posted by: sasha | 2008.07.15 at 23:56

sashaさん、コメントありがとうございます。
 ある技術が、社会に与える危険について、まったく認識していないというのはナンセンスですが。。。自分のビジネスを拡大するため、自分の名声を広めるために過小に見積もろうとする人、そういう声を抹殺しようとする人がいるわけですが、そういう人が、社会にも多きな影響を与える立場にいると問題となりますね。。。
 もちろん、逆に、少しのリスクを過大に評価することもよくないわけです。

 これから起こりうる可能性ですから、正しく影響を見積もることはできないわけですが、できる限り正しく認識しようという努力については、謙虚にするしつづけることが重要ですね。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2008.07.20 at 13:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/41830194

Listed below are links to weblogs that reference 日本のインターネットはどうなんのよ。。。:

« 日本システム監査人協会 近畿支部 20周年記念シンポジウムに参加しました。。。 | Main | IPA 「ハッシュ関数安全性評価手法の開発」に関する報告書 »