« 経済産業省 確定 「電子署名及び認証業務に関する法律の施行状況に係る検討会」報告書 | Main | 今日から「第12回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」です。。。 »

2008.06.04

「システム大手 障害撲滅へ開発改革急ぐ」

 こんにちは、丸山満彦です。今朝の日経産業新聞にシステム障害を減らすためにシステム大手がいろいろな対策を講じているという記事が載っていますね。。。
 例えば、「プログラム検証 富士通、第三者の目」、「仕様書統一 6社が検討会発足」とか・・・

 
=====
 システムの応答時間や拡張性、セキュリティー、障害時の復旧時間などの基本機能について、開発作業前に顧客と開発者で見解を統一する。「開発の成否に影響するほか、稼動後の運用上のリスクも高まる」(NTTデータ)ためだ。顧客の無理な注文に応じた”継ぎはぎ”のシステムは、障害発生の温床となるケースが多いためだ。
=====
 それはそうですよね。。。
=====
 開発そのものをパターン化することでミスを防ごうと試みる企業も増えている。日本IBMやNECなどは、セキュリティー対応やデータのバックアップ保存など、用途ごとに数十種類のシステム構成パターンを用意。顧客の要望を元にパターンを組み合わせて開発する。
 長年の開発実績とノウハウを生かした最適なシステム構成により「納期短縮と安定した品質を確保できる」(NEC)とみている。
=====
 レゴのように作業をモジュール化して標準化していくような感じですかね。。。

 また、
=====
障害、初歩的ミスが大半
=====
 と書かれていますが、これまたそのとおりで、ミスが多いわけですよね。ミスをいかに予防するか、ミスをいかに発見するか・・・が重要なんですよね。。。
 こういう分野はいわゆる「失敗学」が得意な分野かもしれません。。。
 ミスをしにくい環境をつくる・・・ということが重要な気がしますね。。。

|

« 経済産業省 確定 「電子署名及び認証業務に関する法律の施行状況に係る検討会」報告書 | Main | 今日から「第12回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」です。。。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「システム大手 障害撲滅へ開発改革急ぐ」:

« 経済産業省 確定 「電子署名及び認証業務に関する法律の施行状況に係る検討会」報告書 | Main | 今日から「第12回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」です。。。 »