« 「どこまで情報セキュリティ対策をすればよいのかわからない」という不満について | Main | 白浜シンポ無事終了。来年もできるように。 »

2008.06.06

公認会計士協会 「監査・保証実務委員会研究報告第18号「監査時間の見積りに関する研究報告(中間報告)」の改正について」を公表

 こんにちは、丸山満彦です。日本公認会計士協会から 「監査・保証実務委員会研究報告第18号「監査時間の見積りに関する研究報告(中間報告)」の改正について」が公表されていますね。。。
 内部統制監査、四半期レビュー等の新しい制度が始まりますね。。。あくまでも参考ということで

 
■日本公認会計士協会
・2008.06.30 「監査・保証実務委員会研究報告第18号「監査時間の見積りに関する研究報告(中間報告)」の改正について」の公表について

=====
本研究報告の目的は、被監査会社の状況に応じて必要な作業を積み上げ、監査時間を見積もる場合の考え方及びその過程を示し、監査業務の質を確保する観点から実際の監査時間の見積りに際して会員の実務の参考に資することにあります。したがって、被監査会社の規模に対応させた標準監査時間を示すものではなく、また、内部統制監査や四半期レビューの導入により増加する標準的な監査時間数を示すものではありません。
・ 現行のリスク・アプローチに基づく監査においては、一律に適用できる定型的な監査手続の組合せやその適用方法が決まっているわけでなく、被監査会社の規模、業種、内部統制の整備状況等個々の状況に応じた監査手続を進めることとなります。本報告においても一定の前提条件を設けて必要と見込まれた作業を積み上げており、その結果示された監査時間はあくまでも「見積例」を示すものであります。
=====

前書文 (PDF ・1P・14KB)
・コメントに対する考え方 (PDF ・4P・18KB)
本文 (PDF ・22P・80KB)
新旧対照表 (PDF ・22P・140KB)
付録 (PDF ・4P・35KB)

 参考になりますかね。。。
 
 ↓これもあわせて・・・
■このブログ
・2008.04.07 昨年度の総監査時間は1465万時間、総監査費用は1760億円、平均時間単価は12,000円(詳細データ)
・2008.04.07 昨年度の総監査時間は1465万時間、総監査費用は1760億円、平均時間単価は12,000円


|

« 「どこまで情報セキュリティ対策をすればよいのかわからない」という不満について | Main | 白浜シンポ無事終了。来年もできるように。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公認会計士協会 「監査・保証実務委員会研究報告第18号「監査時間の見積りに関する研究報告(中間報告)」の改正について」を公表:

« 「どこまで情報セキュリティ対策をすればよいのかわからない」という不満について | Main | 白浜シンポ無事終了。来年もできるように。 »