« 内閣官房 政府機関統一基準適用個別マニュアル群 | Main | 大阪の住基ネットの判決 住民敗訴確定へ? »

2007.11.13

会計検査院 平成18年度決算検査報告の概要

 こんにちは、丸山満彦です。会計検査院が「平成18年度決算検査報告の概要」を公開していますね。。。NHKの時事公論でも取り上げられていました。。。
 トンネル工事をはじめたが、トンネルの出口の用地買収ができずに、工事が中止になった事例もあるようですね。。。途中までトンネルをほっても出口が作れなかった。。。子供でも分かりそうな理屈。。。
=====
トンネル工事に着手するに当たって、終点側の用地の取得が見込まれるとして工事に着手したものの、その後の用地交渉によっても土地所有者の合意が得られなかったため、工事を中止している事態が4箇所見受けられた。
これらの4箇所におけるトンネル整備事業費は、18年度末までで直轄事業59億8339万余円(2事業主体)、国庫補助事業51億4464万余円(国庫補助金相当額30億1026万余円)(2事業主体)計111億2804万余円に上っている。また、この整備事業費には、トンネル掘削機械等の設置費用計7551万余円と中止に伴い必要となった撤去費用計3923万余円が含まれており、トンネル工事を再開した場合には、トンネル掘削機械等の編成等は必ずしも同じではないが、これらの再設置、再撤去に伴う費用が発生することになる。
=====
111億円ですか。。。

=====

 
【会計検査院】
平成18年度決算検査報告の概要
・・省庁・団体別、事項別件数金額総括表
・・検査の結果

 不当事項は相変わらず、厚生労働省が多いですね。。。
 不当事項をひとつひとつ見ていくと結構むかついてくるかもしれないので注意です。。。

 先ほどの出口がつくれなかったトンネル工事の件は、これです。
トンネル整備事業の実施に当たり、用地取得の状況等を的確に把握するなどして事業を実施することにより、事業効果が早期に発現するよう改善させたもの(PDF・10KB)

|

« 内閣官房 政府機関統一基準適用個別マニュアル群 | Main | 大阪の住基ネットの判決 住民敗訴確定へ? »

Comments

おはようございます、せろまるです。

見切り発車もいいとこですね。。。

交通関係は事前準備(用地買収、環境アセスメント等)がいいかげんな気がしますね。
この間も、広島でトンネルを作ってみたら、山の上の住民の家が傾いたり、生垣に亀裂が入る程の地盤のズレが発生したことがニュースになったばかりですし。。。

インフラ整備程、事前のシミュレーションが重要なものはないと思うのですがねぇ。。。

Posted by: せろまる | 2007.11.13 09:01

せろまるさん、コメントありがとうございます。
ほとんどの人はまじめに仕事をしているのに、ほんの一握りの人が不正をして全体のイメージが悪くなるのは残念なことです。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2007.11.14 13:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 会計検査院 平成18年度決算検査報告の概要:

« 内閣官房 政府機関統一基準適用個別マニュアル群 | Main | 大阪の住基ネットの判決 住民敗訴確定へ? »