« 不十分な内部統制が犯罪者を作ってしまう。。。 | Main | 「白い恋人」の件と内部統制 »

2007.08.17

内部統制に重要な欠陥があると公表することは、赤字決算ですと公表するのと同じ感じ???

 こんにちは、丸山満彦です。暑いですね。。。思考回路が暴走しそうです(笑)。ところで、先日、いわゆるJ-SOX対応にがんばっておられる方と話をしたのですが、やや疲れ気味に「結局、内部統制が有効でないと意見表明することは、決算報告でいうところの赤字決算と同じですよね。。。」という趣旨の発言をされました。
 そんな感じですよね。。。

 
 「理に黒字にしようとして粉飾をするのはだめなように、無理して『内部統制が有効です』というのもだめですよよね。
 まぁ、赤字が数年続くとまずいわけですが、時には赤字もあるわけですよね。そういう意味では、毎年内部統制は有効でないというわけにも行かないけど、時には内部統制が有効でなくてもよいわけですよね。。。
 ただし、決算を発表しないといけないように、内部統制が有効かどうかの評価はしないといけませんよね。。。

 米国の初年度はベンチャー系の企業は制度の適用外だったわけですが、それでも7社に1社程度は内部統制が有効でないと意見表明をしたわけです。日本ではベンチャー系の企業もいきなり適用開始ですから、かなりの企業で、内部統制は有効ではないという意見表明があってもおかしくないわけですよ。。
 というか、むしろほとんどの企業で内部統制は有効であるという評価結果がでて、それが適正という監査結果がでていれば、ちょっとおかしいと思わないといけませんよね。。。

|

« 不十分な内部統制が犯罪者を作ってしまう。。。 | Main | 「白い恋人」の件と内部統制 »

Comments

コンピュータ屋です。
おはようございます。

今日のお話のところ、一番の心配です。
実施基準で、「ハ.全社的な内部統制に不備がある場合、例えば、a.経営者が財務報告の信頼性に関するリスクの評価と対応を実施していない。」
と言っています。
私の周辺(中堅、中小企業)では全て該当します。
今から整備していくとは言え、1年後に、有効と言えるか。難しいですね。
逆に、「重要な欠陥があります」と言うのも度胸が要ります。
どうしましょうか。


Posted by: コンピュータ屋 | 2007.08.18 08:26

コンピュータ屋さん、コメントありがとうございます。
=====
「重要な欠陥があります」と言うのも度胸が要ります。
=====
 そのとおりなんですが、1社でいうのは度胸がいるのですが、仲間がたくさんいるという安心感があればば案外。。。
 

Posted by: 丸山満彦 | 2007.08.18 10:21

経営者が「重大な欠陥があります」という意味ですが、「財務報告の信頼性の根拠が不十分なまま決算を発表してしまいました」なのか「ガタは来ていますが、何とかがんばって決算しました」ということなのか。
前者の場合、監査人はいくら実証テストで頑張っても財務諸表に意見形成できないかもしれません。後者の場合は、経営者が財務報告リスクを把握してかつがつ対処していると言えますから、重要な欠陥にはならないかもしれませんね。
経営者の方が正直に重大な欠陥を公表すれば、多分、会社よりも監査人のほうが泡を食らいますね。赤字決算はそれが実証できれば問題ありませんが、重要な欠陥は財務諸表監査で手続上の対応が求められますからね。考えるほど気が重い制度です。

Posted by: 閑人 | 2007.08.18 17:40

閑人さん、コメントありがとうございます。
監査人は従来から監査をしており、内部統制が有効かどうかの判断を行っていることが多いので、むしろ経営者の方が正直に重要な欠陥と言わないとすれば監査人は困る。。って感じではないでしょうかね。。。
 いずれにしても、考えるほど気が重い制度というのは、よくわかります。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2007.08.19 10:19

 私の閑人さんの意見に賛成です。
 会社自ら「重大な欠陥があります」と宣言したら、代替的なコントロールも無いハズなので、そのリスクに応じた実証的監査手続を実施しなければならないですね。監査の追加コストがかかります。<監査人は今までにも財務諸表監査で内部統制の検証を行っているので、既に「内部統制が有効でない」と判断を下して対応する手続を行っていれば良いのでしょうが、監査人が想定していなかった欠陥が出てきたら、監査計画の見直しが必要です。期中に改善されても通期でみる財務諸表監査上では内部統制に依拠できないでしょうし。

 一方で、会社は「重要な欠陥がない」と宣言しているのに、監査人が「欠陥」を宣言したい場合、どのような監査報告書になるのでしょうか?<勉強不足ですいません。

Posted by: Mulligan | 2007.08.20 02:15

Mulliganさん、コメントありがとうございます。かなり、返事がおくれておりますが・・・

=====
監査人が想定していなかった欠陥が出てきたら、監査計画の見直しが必要です。期中に改善されても通期でみる財務諸表監査上では内部統制に依拠できないでしょうし。
=====
サプライズは困りますよね。。。しかし、もし本当にそうであるのに、そうでないと言われるのも困りますよね。。。
 ということで、
=====
考えるほど気が重い制度です。
=====
のようですね。。。


Posted by: 丸山満彦 | 2007.08.27 02:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内部統制に重要な欠陥があると公表することは、赤字決算ですと公表するのと同じ感じ???:

« 不十分な内部統制が犯罪者を作ってしまう。。。 | Main | 「白い恋人」の件と内部統制 »