« 内閣府(防災) 中央省庁業務継続ガイドライン | Main | 総務省 信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会報告書(案) »

2007.07.05

総務省 「P2Pネットワークの在り方に関する作業部会」報告書

 こんにちは、総務省から「P2Pネットワークの在り方に関する作業部会」報告書が公表されていました。。。P2Pネットワークの光と影。。。
=====
1.経緯
 総務省では、IP化が進展する中、多様な観点から次世代ネットワークの在り方等について検討することを目的として、平成18年11月より、「ネットワークの中立性に関する懇談会」を開催してきました。また、同懇談会の下に、「P2Pネットワークの在り方に関する作業部会」を設置し、P2P通信等を支えるネットワーク構造の変化、新しいビジネスモデル登場に向けた環境整備等について検討を行ってきました。
  今般、「P2Pネットワークの在り方に関する作業部会」において、報告書が取りまとめられましたので公表します。
=====

 
【総務省】
・2007.06.29 「P2Pネットワークの在り方に関する作業部会」報告書の公表

・・報告書本編 : 「P2Pネットワークの在り方に関する作業部会報告書」

======
第1章 はじめに
 1-1 問題提起(P2Pネットワークの光と影)
 1-2 本報告書の検討内容
 1-3 P2Pネットワークの在り方に関する作業部会について

第2章 P2Pネットワークとは何か
 2-1 P2Pネットワークの基本概念
 2-2 クライアント・サーバ型ネットワークとの比較
 2-3 P2Pネットワークの分類
 2-4 P2Pネットワークの技術的特徴
 2-5 P2Pネットワークの用途

第3章 P2Pネットワーク登場の背景と歴史
 3-1 P2Pネットワーク登場の背景
 3-2 P2Pネットワークの歴史
 3-3 海外におけるP2Pネットワークの再評価

第4章 国内でのP2Pネットワーク活用の動き
 4-1 モバイル分野での活用
 4-2 CDNとP2Pネットワーク

第5章 国内の知財取引とネットワーク利用
 5-1 コンテンツの流通に関連する市場
 5-2 知財とP2Pネットワーク

第6章 P2Pネットワーク活用における課題
 6-1 通信トラヒックの増大とインフラの逼迫
 6-2 インフラ整備とネットワークコスト負担問題
 6-3 ネットワークコストの低廉化の取組
 6-4 トラヒック制御
 6-5 P2Pネットワークに関して政策が果たすべき役割

第7章 P2Pネットワーク周辺での政策展開
 7-1 問題意識
 7-2 トラヒック制御とルール
 7-3 行動の具体化
======



【過去の今日】
・2006.07.05 クレジットカード業界のセキュリティ
・2005.07.05 セキュリティ投資を考える(3) 等セキュア曲線

|

« 内閣府(防災) 中央省庁業務継続ガイドライン | Main | 総務省 信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会報告書(案) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/15656921

Listed below are links to weblogs that reference 総務省 「P2Pネットワークの在り方に関する作業部会」報告書:

« 内閣府(防災) 中央省庁業務継続ガイドライン | Main | 総務省 信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会報告書(案) »