« 取締役協会 ベストガバナンス報告書を公表 | Main | 監査法人の選任権・報酬決定権を監査役に? »

2007.07.21

CIAフォーラム研究会 「~米国SOX 法404 条の教訓を踏まえた~JSOX への対応アプローチ」を公表

 こんにちは、丸山満彦です。日本内部監査協会のCIAフォーラム研究会が「~米国SOX 法404 条の教訓を踏まえた~JSOX への対応アプローチ」を公表していますね。英国、カナダ等の各国での内部統制評価制度の導入の可否、米国でのPCAOB2号から5号への変更時の検討内容等をよく整理した上で、JSOXの対応についての検討を行っている点で非常に興味深い報告書となっています。

 
【日本内部監査協会】
■CIAフォーラム研究会
・2007.07.13 ~米国SOX法404条の教訓を踏まえた~JSOXへの対応アプローチ

目次
=====
はじめに
第1章 内部統制監査制度の費用対効果~いくつかの調査結果

 1-1.「費用」と「効果」の中身
 1-2.FEI による費用対効果分析
 1-3.資本市場規制委員会中間報告
 1-4.米国連邦会計検査院(GAO)報告書
 1-5.小規模会社諮問委員会
 1-6.FEE での内部統制監査制度検討
 1-7.英国での内部統制監査制度検討
 1-8.カナダでの内部統制監査制度検討

第2章 米国SOX 法404 条の教訓
 2-1.404 条の問題点
 2-2.SEC/PCAOB の対応
 2-3.今後の見所

第3章 JSOX の特徴
 3-1.米国の教訓を踏まえた制度設計
 3-2.ミニマム・スタンダード
 3-3.企業の自主性・独自性の尊重
 3-4.インダイレクト・レポーティング と 監査
 3-5.監査人に期待される困難なミッション
 3-6.想定される今後のシナリオ

第4章 JSOX 対応アプローチ
 4-1.ICFR を実質的内部統制から分離
 4-2.遵守すべきルールの見極め/監視
 4-3.トップダウン・リスクアプローチ
 4-4.文書化における経営者の柔軟な裁量
 4-5.予算措置
 4-6.監査人との協議
 4-7.コンサルタント利用上の留意点
 4-8.「実質的内部統制」の改善

おわりに
=====

|

« 取締役協会 ベストガバナンス報告書を公表 | Main | 監査法人の選任権・報酬決定権を監査役に? »

Comments

コンピュータ屋です。

記事の紹介ありがとうございます。
私もこの報告書に少しは参加しております。

まあ、お二人の公認会計士さんに負うところが大きかったのですが。

「JSOX 対応アプローチ」是非実践すべきと思っております。
(私の仕事の確保にもなります)
次回のテーマとして、難しいとは思いますが。


 

Posted by: コンピュータ屋 | 2007.07.21 14:45

コンピュータ屋さん、コメントありがとうございます。
この報告書は面白いです。。。
すばらしい報告書です。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2007.07.22 08:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CIAフォーラム研究会 「~米国SOX 法404 条の教訓を踏まえた~JSOX への対応アプローチ」を公表:

« 取締役協会 ベストガバナンス報告書を公表 | Main | 監査法人の選任権・報酬決定権を監査役に? »