« ジャスダック 業務改善命令をうける・・・ | Main | ニューメディア開発協会 ISMSの維持管理における実態調査報告書 »

2007.06.28

日本経団連 「重点計画-2007(案)」に関する意見

 こんにちは、丸山満彦です。日本経団連が、内閣IT戦略本部が意見募集をしていた「重点計画-2007(案)」にたいする意見を公表していますね。。。なるほど・・・という内容ですね。。。

 
日本経団連
・2007.06.27 「重点計画-2007(案)」に関する意見

気になったところ。。。
=====
重点計画-2007(案)全般に係る意見
冒頭の基本方針で、PDCAサイクルを確立し、評価・実施体制の充実強化を図ることを方針としている。しかし、PDCAサイクルの要であるCheck機能を担う評価専門調査会が、現行の体制では、主に民間の立場から評価を行なうという目的を達成することは難しい。早急に、調査会に実効性のある評価を可能とする権限や人材面等で独自性を持たせ、政府との間に緊張感を持った評価者-被評価者の関係を構築しなければならない。
=====
そうなんですよ。。。PDCA、PDCAといいながら、Cが組織的に十分でなかったりするんですよね。。。特に政府機関。。。

=====
重点計画と銘打っていながら、施策が多岐に亘っており、何処に重点があるのか分かりづらい。重点を置くべき項目を明確にしたうえで集中的に取組みを推進するべきである。
=====
 縦割りですから省庁バランスよく。。。なんて力学が働いているのか働いていないのか・・・


=====
各項目について、何を何処までやるか・その結果どういう効果があるかといった分かりやすい成果目標を設定するべき。そのための手段の一つとして、取組みの進捗を客観的に評価するため、IT新改革戦略の数値目標を踏まえ、年度毎の指標及び数値目標をできる限り設定するべきである。
=====
 数値目標の設定も重要です。でも、目標がはっきりしすぎると、当初の目的をわすれてその数値目標の達成をするために手段を選ばなくなる可能性もあるので注意が必要です。。。

=====
II.1.1. 国・地方の包括的な電子行政サービスの実現(5頁)に係る意見
わが国の電子行政サービスは、未だ実用段階にあるとは言い難く、「利用者視点に基づく利便性の向上」と「行政運営の効率化」に向けた一層の努力が必要であり、そのためには強力なリーダーシップによるトップダウン方式の推進が不可欠である。
・・・
電子行政の利用を促進するためには、何よりもまず利便性向上のため、省庁間の枠を超えた、簡素で効率的な行政手続きを再構築することが重要である。
=====
 米国のように利用者の利用シーンからウェブをデザインすることなく、省庁の供給サイドの都合でデザインをつくるからね。。。顧客を向いていないですよね。。。はやらないウェブの典型だったりします。しかし、まぁ、情報の入手が楽になりました。。。

=====
II.2.1. 国民の健康情報を大切に活用する情報基盤の実現(14頁)に係る意見
医療機関等の情報基盤整備に当たっては、利用者の利便性向上のため、より広範な医療文書の電子化、事務手続きのワンストップ・サービス化を念頭に置いて推進しなければならない。そのためには行政におけるBPRの実行が不可欠であり、BPRのロードマップも示されるべきである。
=====
 業務効率の向上のために、ビジネス・プロセス・リエンジニアリングをできればよいのですが、余剰となった職員をどうするのか???というところで。。。ということは、民間企業と異なりIT化は、二重投資になるのかなぁ・・・

=====
III.1.5. 世界一便利で効率的な電子行政(59-63頁)に係る意見
・・・
「行政運営の簡素化、効率化、高度化及び透明性の向上」は、「世界一便利で効率的な電子行政の実現」において「国民の利便性の向上」と並び両輪を成す重要な課題であるにもかかわらず、「業務・システム最適化」としてシステム最適化と一緒くたに取り扱われ、具体的施策の実効性も十分とは言えない。業務の効率化とバックオフィスにおけるシステム最適化は切り離して施策を策定するべき。また、システムありきの業務効率化ではなく、まず省庁横断的かつ抜本的な業務の見直しを実施したうえで、それに合わせてシステムのグランドデザインを再構築するのが適正な順序である。さらに、業務効率化の進捗を客観的に評価するために、重点計画においても「手続きの統廃合件数」「行政事務コスト削減率・人員削減率」といった指標を年度計画として定め、数値目標を設定するべきである。

バックオフィスにおけるシステム最適化においては、巨額の予算を投入しているにもかかわらず、国が管理するべき情報の管理すらできていない。現在、社会問題化している社会保険庁の年金問題が最たる例である。
・・・・・
=====
 なるほど、業務プロセスの最適化が目的ですからね。。。ITの利用はその手段。。。ITの利用により、IT投資コスト<減少する人件費となればよいわけですよね。。。人件費の削減額を提示することは重要ですね。。。


・省庁の縦割りをやめて顧客指向になること
・業務の最適化を目的としたITの利用

が重要なんでしょうね。。。


【参考】IT戦略本部
・2007.05.29

意見募集対象
重点計画-2007(案) 
(参考資料)
重点計画-2007(案)の概要


【参考】このブログ
・2007.05.31 内閣官房(IT担当室) パブコメ 重点計画-2007(案)


【過去の今日】
・2006.06.28 電子株主総会 議決権行使システム参加109社どまり
・2005.06.28 個人情報悪用:自治体職員の「罰則なし」892市町村

|

« ジャスダック 業務改善命令をうける・・・ | Main | ニューメディア開発協会 ISMSの維持管理における実態調査報告書 »

Comments

はじめまして、きのこマスターと申します。

当該記事と別の内容で申し訳ございません。
相互リンクのお願いで書き込みさせていただき
ました。

セキュリティに関するブログを開設したばかり
なのですが(月2回更新の予定)、よろしければ
リンクを貼らせていただきたいと思っております。
また、逆にリンクを貼っていただければと
思っています。

どうぞ、ご返信いただけますようよろしく
お願いいたします。

Posted by: きのこマスター | 2007.07.01 at 23:44

きのこマスターさん、コメントありがとうございます。
 正しい内容で啓発活動お願いします。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2007.07.04 at 03:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/15585252

Listed below are links to weblogs that reference 日本経団連 「重点計画-2007(案)」に関する意見:

« ジャスダック 業務改善命令をうける・・・ | Main | ニューメディア開発協会 ISMSの維持管理における実態調査報告書 »