« 学者もわからない?内部統制監査の意見形成論(ダイレクトレポーティングの不採用) | Main | 新入社員意識調査 上司から会社のためにはなるが自分の良心に反する手段で仕事を進めるように指示された場合、指示通りに行動するのは37%、指示に従わないのは13% »

2007.05.01

経済産業省 パブコメ 「情報システムに係る相互運用性フレームワーク(案)」

 こんにちは、丸山満彦です。経済産業省が、「情報システムに係る相互運用性フレームワーク(案)」に対する意見募集を行っていますね。
=====
本書は、相互運用性の観点から既に発行されている「情報システムに係る政府調達の基本指針」、「教務・システム最適化指針」、「政府調達に関する協定」で述べられている日本政府の電子政府構築及び情報システム調達のポリシー(方針)の考え方に基づき、より実践的なガイド(指針)と留意点を提供することにより、日本の公共システムの設計・開発・移行・運用・保守に役立てるためのものである。
本書は主として日本政府を含む政府公共機関での利用を意図して作成されているが、民間の情報システムの構築にも応用できるように書かれている。ただし、民間の情報システムの構築に役立てるためには、本書の記述をそのまま当てはめるのではなく、対象となる組織の調達ポリシーや情報システムに対する要求事項を考慮し、それら対象組織固有の事情に合致するようカスタマイズして活用する必要がある。 
=====

 
【電子政府パブコメ】
・2007.05.01 「情報システムに係る相互運用性フレームワーク(案)」に対する意見募集について

・・情報システムに係る相互運用性フレームワーク(案)

=====
本相互運用性フレームワークは、日本政府及び公共機関の情報システムにおける最適化及び調達のポリシー(方針)の実施と、情報システム及びその部品の相互運用性の確保を支援するために、
• 相互運用性とは何かを解説し、
• なぜ相互運用性が必要であるかを解説し、
• 既存のポリシー(方針)を解説し、展開し、
• より実践的なガイド(指針)を示し、
• 実践に関する留意点を列挙し、
• 将来の方向性を示す
ことを目的としている。
=====
そうです。

なかなか興味深い文書ではあります。。。


【過去の今日】
・2006.05.01 内部統制 英国の場合
・2005.05.01 新入社員の4割は良心より社命を優先する

|

« 学者もわからない?内部統制監査の意見形成論(ダイレクトレポーティングの不採用) | Main | 新入社員意識調査 上司から会社のためにはなるが自分の良心に反する手段で仕事を進めるように指示された場合、指示通りに行動するのは37%、指示に従わないのは13% »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/14915712

Listed below are links to weblogs that reference 経済産業省 パブコメ 「情報システムに係る相互運用性フレームワーク(案)」:

« 学者もわからない?内部統制監査の意見形成論(ダイレクトレポーティングの不採用) | Main | 新入社員意識調査 上司から会社のためにはなるが自分の良心に反する手段で仕事を進めるように指示された場合、指示通りに行動するのは37%、指示に従わないのは13% »