« ITGI/ISACA COBIT4.0日本語版の公表 | Main | 定期検査中に起こった臨界事故を国及び自治体に報告していなかった・・・ »

2007.03.16

Single point of failure

 こんにちは、丸山満彦です。飛行機の前脚が出ないという事故はボルトが1つなかったことが原因だったようですね(詳細の調査が終わらないとわからないのですが・・・)。

 
【報道】
■日経新聞
・2007.03.15 前輪格納扉の開閉部のボルト脱落・全日空機の胴体着陸

■朝日新聞
・2007.03.15 胴体着陸機、前輪格納扉のボルト脱落 ロック解除できず

■読売新聞
・2007.03.15 全日空機の前輪事故、ボルト脱落が原因…事故調

■毎日新聞
・2007.03.15 ボンバルディア機:「部品脱落かつてない」カナダ本社

■産経新聞
・2007.03.15 前輪扉のボルト脱落 手動装置に影響か 胴体着陸事故

総合すると・・・
1)前輪格納扉を開閉するアーム部のボルトとナットが脱落していた
2)ボルトの摩耗防止のためボルトを包む「ブッシング」と呼ばれる金属製の筒が1cm外側にずれて前方の壁に引っかかっていた。
3)これが前輪格納扉の開閉を邪魔し、格納扉が開かなっていた。
このため
●自重で下りるはずの車輪が出なかった。
●調査官が筒を所定の位置に戻すと、扉は問題なく開いた。
ということのようです。。。本当のところは最終報告書をまたなければならないのでしょうが・・・

朝日新聞が図入りでわかりやすいかもです。。。
 
 大きなシステムもほんの小さな部品の欠陥が原因となる場合や、小さなミスが引き金となって機能停止となる場合があります。
 信頼性が求められるシステムでは、システムの多重化が必要となりますが、そのためにはシングルポイントをなくすことが重要になります。99%が多重化されていても、1%のシングルポイントがあり、そこが機能しなければすべての機能が止まる場合がありますね。
 


【過去の今日】
・2006.03.15 Antinny 撲滅計画?
・2005.03.15 UFJ銀行装いフィッシングメール?
・       「米国政府が最初にWindowsのパッチを入手することに」
・       専門的なことを一言でいうと不正確になるので答えられない

|

« ITGI/ISACA COBIT4.0日本語版の公表 | Main | 定期検査中に起こった臨界事故を国及び自治体に報告していなかった・・・ »

Comments

おはようございます、せろまるです。

ボトルネックならぬ、ボルトネックですな。。。

Posted by: せろまる | 2007.03.16 at 09:04

せろまるさん、コメントありがとうございます。
うまいっ・・・。座布団1枚です。。。
今後ともよろしくお願いします。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2007.03.17 at 05:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/14266367

Listed below are links to weblogs that reference Single point of failure:

» CA受験対策 [CA受験対策]
CA受験対策情報 [Read More]

Tracked on 2007.03.18 at 20:50

« ITGI/ISACA COBIT4.0日本語版の公表 | Main | 定期検査中に起こった臨界事故を国及び自治体に報告していなかった・・・ »