« 法務省 答申 (電子登録債権法制の私法的側面に関する要綱) | Main | 内部統制 ツールを磨くよりも人を磨け・・・ »

2007.02.27

RSA Conference Japan 2007

 こんにちは、丸山満彦です。今年でもう6年目になりますね。RSA Conference Japanが2007.04.25(水)-26(木)に東京(@ザ・プリンスパークタワー東京 (東京プリンスホテル パークタワー ※2007年4月より名称変更))で開催されます。今年は、慶応義塾大学の竹中平蔵氏、青山学院大学大学院の八田進二氏氏が登壇するなど、結構面白そうです。


RSA Conference Japan 2007 リスクコントロールと情報セキュリティ 
 ビジュアルテーマ:レオン・バティスタ・アルベルティ(ルネサンス時代)

【参考】
RSA Conference Japan 2006
  ビジネスと社会の命運を左右する情報セキュリティ
  ビジュアルテーマ:古代インド アールヤバティーヤ

RSA Conference 2005 Japan
  情報の保護と利用の狭間で ~個人情報保護元年を迎えて~
  ビジュアルテーマ:禁酒法時代の暗号

RSA Conference 2004 Japan
  ビジュアルテーマ:古代中国の数学・暗号技術

RSA Conference 2003 Japan
  ビジュアルテーマ:マヤ

RSA Conference 2002 Japan
  ビジュアルテーマ:スコットランドのクイーン・メアリ

■このブログ
・2006.02.25 RSA Conference Japan 2006


【過去の今日】
・2006.02.27 経済産業省 中小企業庁 BCP策定運用指針
・2005.02.27 今すぐご相談下さい。個人情報保護法施行前の今がラストチャンス

|

« 法務省 答申 (電子登録債権法制の私法的側面に関する要綱) | Main | 内部統制 ツールを磨くよりも人を磨け・・・ »

Comments

ビジュアルテーマが、レオン・バティスタ・アルベルティ(ルネサンス時代)なので、自分のテーマをなんとか、これにこじつけようと考えています。

complianceとかコントロールを、「法律」という表を用いて暗号化して、復号すると、大事なのがおちちゃうとか。ちょっぴり皮肉すぎるかな。

Posted by: 高橋郁夫 | 2007.03.03 at 00:36

高橋先生、コメントありがとうございます。
楽しいプレゼンテーションを楽しみにしています。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2007.03.04 at 11:05

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/14055639

Listed below are links to weblogs that reference RSA Conference Japan 2007:

« 法務省 答申 (電子登録債権法制の私法的側面に関する要綱) | Main | 内部統制 ツールを磨くよりも人を磨け・・・ »