« データ捏造 | Main | 個人情報漏えい 損害賠償額一人当たり最高35,000円也 »

2007.02.08

総務省 「地方公共団体における情報システムの効率化に向けた取組に関する事例集(システム効率化ベストプラクティス集)」の公表

 こんにちは、丸山満彦です。総務省から「地方公共団体における情報システムの効率化に向けた取組に関する事例集(システム効率化ベストプラクティス集)」が2007.01.26に公表されていたようですね。。。

 
【総務省 自治行政局】
・2007.01.26 「地方公共団体における情報システムの効率化に向けた取組に関する事例集(システム効率化ベストプラクティス集)」の公表
・・事例集(別添 PDF 5.6MB)

 事例は、
EA(Enterprise Architecture)への取組事例】
組織全体を通じた業務・システムの最適化を図る設計手法に取り組んでいる事例。
共同化への取組事例】
複数の団体が共同で情報システムの開発・運用等を行っている事例。
【システムのオープン化への取組事例】
汎用機を用いた情報システムの見直しを行い、オープン化へ取り組んでいる事例。
調達方法の改革への取組事例】
競争入札の拡大や総合評価方式一般競争入札、複数年度契約の導入など、入札方式や契約条件などの調達制度の改革に取り組んでいる事例。
調達・開発プロセス改革への取組事例】
情報化投資の事前・事後評価、各部局がシステム調達を行う際の情報担当部署による調達業務支援等の情報システムの調達や開発プロセスの改革に取り組んでいる事例。
その他への取組事例】
上記類型以外の情報システムの効率化に向けて取り組んでいる事例。
の6つに分類していますね。。。

180ページほどあります。。。


【過去の今日】
・2006.02.08 会社法施行規則 業務の適正を確保するための体制
・2005.02.08 UFJカード フィッシング被害
・       日薬連 個人情報保護ガイドライン

|

« データ捏造 | Main | 個人情報漏えい 損害賠償額一人当たり最高35,000円也 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 総務省 「地方公共団体における情報システムの効率化に向けた取組に関する事例集(システム効率化ベストプラクティス集)」の公表:

« データ捏造 | Main | 個人情報漏えい 損害賠償額一人当たり最高35,000円也 »