« 金融庁 基準案と実施基準案の修正案が公開されていますね。。。 | Main | セミナー in 大阪 「IT技術と刑事事件を考える-Winny事件判決を契機として-」 »

2007.02.02

不二家の3工場、ISO9001認証が保留

 こんにちは、丸山満彦です。不二家さんの今回の件を通じて、ISO9001の審査が再度行われた結果、ISO9001の認証が保留されたようですね。従来から同じ品質管理をしていたわけですから、今までの審査はなんだったのか?という話になりますね。。。

 
■日経新聞
・2007.01.31 不二家菓子3工場、ISO再認証されず
=====
不二家の小売店向け菓子の3工場が既に取得している品質管理の国際規格「ISO9001」の基準を満たしていないことが30日、明らかになった。臨時検査を依頼していたISO審査機関から同日、不二家が調査報告を受けた。規格の再認証を得て、小売店に販売再開を働きかける方針だったが、想定より遅れることが必至となった。
=====

■朝日新聞
・2007.01.31 不二家3工場、国際規格の認証「保留」 7項目に不備
=====
 不二家は31日、スーパーなどで販売する卸売り菓子の3工場が取得していた品質管理の国際規格認証について再審査を受けたところ、基準に達しない7項目の是正報告を求められ、認証を「保留」されたことを明らかにした。再度の認証は早くても数週間かかる見通し。また認証が認められても、小売り各社が「安心のお墨付き」と受け取る保証はなく、すぐの販売再開は厳しい情勢だ。
=====

■読売新聞
・2007.01.31 不二家3工場、「ISO9001」の基準満たさず
=====
3工場は、期限切れ原材料使用問題を受けて操業を停止している洋菓子工場とは別の工場だが、不二家は消費者の信頼を取り戻すため臨時審査を依頼していた。
 基準未達を指摘されたのはチョコレートなどの菓子類を生産する神奈川県の2工場、静岡県の1工場と、本社の品質保証本部(旧品質保証部)と資材部。30日に審査登録機関から通知があり、品質マニュアルの管理や不適合製品の管理など8項目について是正を求められた。不二家は問題点を改善したうえで2月中に再審査を要請する。その間、認証は保留となる。
=====

 ちなみには、ISO9001は品質が一定以上確保されていることを保証する認証制度ではなく、品質管理の仕組みがJISQ9001に適合していることを保証する認証制度で、JISQ9001に適合していれば、一定以上の品質が法令に従い確保されていることが期待されるということになりますね。
 マネジメントシステムの認証ですから、事故が起こったから急に品質管理体制が悪くなったのではなく、従来から同じ品質管理体制であったにもかかわらず、審査するほうが変わった?ので、結論が変わったのかもしれませんね。。。


【過去の今日】
・2006.02.02 IPA 政府統一基準に基づく「ST確認」で要求する保証コンポーネント明確化
・       IPA 個人情報処理システム用セキュリティターゲット
・       経済産業省 電子商取引に関する準則改定について
・2005.02.02 ジャスト「一太郎」の販売中止を命じる 松下アイコン訴訟で判決
 

|

« 金融庁 基準案と実施基準案の修正案が公開されていますね。。。 | Main | セミナー in 大阪 「IT技術と刑事事件を考える-Winny事件判決を契機として-」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 不二家の3工場、ISO9001認証が保留:

» ISO9001 [ISO9001資格]
ISO9001関連のブログを集めました。認証取り消しも痛いです。 [Read More]

Tracked on 2007.02.20 02:07

« 金融庁 基準案と実施基準案の修正案が公開されていますね。。。 | Main | セミナー in 大阪 「IT技術と刑事事件を考える-Winny事件判決を契機として-」 »