« 不二家の3工場、ISO9001認証が保留 | Main | IPA 情報技術セキュリティ評価のためのコモンクライテリア バージョン 3.1 改訂第 1 版の翻訳 »

2007.02.02

セミナー in 大阪 「IT技術と刑事事件を考える-Winny事件判決を契機として-」

 こんにちは、丸山満彦です。情報処理技術と刑事事件に関する共同シンポジウム「IT技術と刑事事件を考える-Winny事件判決を契機として-」が開催されるようです。Winny開発者である金子勇さんのほか、指宿信先生、岡村久道先生、高木浩光さんも登壇するようですね。

 
 開催は大阪です。なかなか面白い話になりそうです。。。

=====
日 時:2007年2月17日(土)10:00~17:00
場 所:大阪弁護士会館2階ホール
    http://www.osakaben.or.jp/web/02_access/参加費:無料
申込み:不要

《プログラム》

1. 講演:ファイル共有ソフト概説
  講師:金子勇 氏 プログラマー・Winny開発者

2. 講演:ファイル共有ソフトを巡る法的問題点
  講師:指宿信 氏(立命館大学法科大学院教授、情報ネットワーク法学会)

3. 講演:ファイル共有ソフトと著作権に関する裁判例
  講師:岡村久道 氏(大阪弁護士会会員、国立情報学研究所客員教授、
           情報ネットワーク法学会理事)

4. 講演:ファイル共有を巡る技術的問題点
  講師:高木浩光 氏(産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センター
      主任研究員・情報処理学会会員・情報ネットワーク法学会会員)

5. 講演:IT事件に関する弁護技術上の問題点
  講師:秋田真志 氏(大阪弁護士会・刑事弁護委員会副委員長)

6. パネルディスカッション「Winny事件が残したもの」


主催:大阪弁護士会 刑事弁護委員会、情報処理学会、情報ネットワーク法学会

お問い合わせ先:大阪弁護士会 委員会担当室(担当 樫本)TEL:06-6364-1227
=====


【過去の今日】
・2006.02.02 IPA 政府統一基準に基づく「ST確認」で要求する保証コンポーネント明確化
・       IPA 個人情報処理システム用セキュリティターゲット
・       経済産業省 電子商取引に関する準則改定について
・2005.02.02 ジャスト「一太郎」の販売中止を命じる 松下アイコン訴訟で判決
 

|

« 不二家の3工場、ISO9001認証が保留 | Main | IPA 情報技術セキュリティ評価のためのコモンクライテリア バージョン 3.1 改訂第 1 版の翻訳 »

Comments

途中からでも参加します。
で、どこに載ってました?

Posted by: 奥村(大阪弁護士会) | 2007.02.02 at 08:00

奥村先生、コメントありがとうございます。

> で、どこに載ってました?
ネットワーク法学会のメルマガです。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2007.02.03 at 01:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/13749342

Listed below are links to weblogs that reference セミナー in 大阪 「IT技術と刑事事件を考える-Winny事件判決を契機として-」:

« 不二家の3工場、ISO9001認証が保留 | Main | IPA 情報技術セキュリティ評価のためのコモンクライテリア バージョン 3.1 改訂第 1 版の翻訳 »