« ITGI 企業改革法遵守のためのIT統制目標(第2版)翻訳版 公表 | Main | 情報セキュリティと市場の失敗 »

2007.01.03

日本監査役協会 「内部統制システムに関する社長インタビュー」 結果報告書」

 こんにちは、丸山満彦です。日本監査役協会が「「内部統制システムに関する社長インタビュー」 結果報告書」を公表していますね。。。社長さんが監査役の人事を考えるんですかね。。。

 
日本監査役協会
電子図書館
●ケーススタディ委員会
・2006.12.27 「内部統制システムに関する社長インタビュー」結果報告書
・・報告書サマリー
・・報告書

サマリーではこういう内容も・・・
=====
Ⅶ.監査役の機能状況と監査環境の整備について
前述のⅠで記述したとおり、内部統制システムは、透明性、公正性、迅速性、説明責任などの課題達成へのプロセスと言え、実際に監査役は、このプロセスチェックを既に行っており、社長の方々は、経営から独立し、全社的な視点に立って行う監査役監査の機能を高く評価している。監査環境の整備についても積極的で、「経営と監査は表裏一体のものであり、企業への厳しい目とそれに応えようとする努力が監査のウェイトを増大させる」という感覚は各社共通であった。

Ⅷ.監査役への期待
社長の方々が監査役へ寄せる期待は、①独立した立場での監査と率直な意見具申、②内部統制システムの運用の監査、③経営レベルの視点からの監査、④幅広い情報の提供、⑤専門家としてのアドバイス、⑥現場のためになる監査、といったものであった。
事後の結果だけを見て問題点を指摘するだけの「事後監査」ではなく、取締役とともに経営全般における取締役の行為をモニタリングし、率直な意見具申をしていく「事前監査(予防監査)」が求められている。
=====
どうなんでしょうね。。。


【過去の今日】
・2006.01.03 システムダウン
・2005.01.03 クレジットカード詐欺被害
 

|

« ITGI 企業改革法遵守のためのIT統制目標(第2版)翻訳版 公表 | Main | 情報セキュリティと市場の失敗 »

Comments

いつも拝見しております。
おっしゃるように、監査役さん、事後監査から事前監査に移行と言う姿勢は見受けられます。気になるのは非常勤監査役(公認監査人OB?)先生の監査役会などでの言いっぱなしです。
また、CIAフォーラム4Dのパプコメについてコメントいただいていましてありがとうございます。メンバーとしてはまさに座長の引っ張りのおかげです。
今年からは同じ座長で4E「JSOX費用対効果分科会」が発足します。また勉強させていただきます。

Posted by: コンピュータ屋 | 2007.01.04 09:55

コンピュータ屋さん、コメントありがとうございます。
 上の表現だと、社長から監査役は評価を受けています。。。というふうに私は読めてしまうのですが、そういうことではだめなんではないかと思うんです。。。社長に報告し、社長から評価をうける気持ちで監査役をやってはいけないですよね。。。社長に監査役に対する期待を聞くというのもね。。。へんな感じですよね。。。
 事前監査というか、監査役は取締役会に出席しているわけですから、その場で取締役が適切に代表取締役の業務執行を監督していることを確認することはできるわけですよね。。。取締役会で監査役が株主の立場で取締役会が株主への説明責任を果たせる状況かを確認するというふうにすることが重要なのでは・・・と思ったりしています。

Posted by: 丸山満彦 | 2007.01.04 13:45

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本監査役協会 「内部統制システムに関する社長インタビュー」 結果報告書」:

« ITGI 企業改革法遵守のためのIT統制目標(第2版)翻訳版 公表 | Main | 情報セキュリティと市場の失敗 »