« 金融庁 金融機関検査は顧客保護に重点 | Main | 公正取引委員会 「入札談合の防止に向けて」(入札談合防止テキスト) »

2006.12.04

高校における「情報」の未履修問題

 こんにちは、丸山満彦です。文部科学省の調査によると、全国約5400の高校のうち、全体の12%の663校で未履修があり、「情報」は「世界史」の22%についで21%で未履修があったようですね。

  
■NHK
・2006.12.03 世界史・情報で多くの未履修
=====
文部科学省によりますと、全国のおよそ5400の高校のうち、未履修があったところは、公立と私立あわせて663校と全体の12%に上っています。
・・・
必修科目の未履修が最も多かったのは、「世界史」で22%、次いでコンピューターの知識や技能を学ぶ「情報」が21%、「地理」または「日本史」が19%、「芸術」が6%などとなっています。
・・・
「情報」は今の学習指導要領がはじまった平成15年度に新設された教科ですが、履修漏れのあった高校の68%が、その時点から教えていなかった実態が明らかになりました。今回の問題は、3年前から始まった授業時間を減らした今の学習指導要領が一つのきっかけになったとみられ、学習指導要領の見直しを進めている中央教育審議会では、必修科目のあり方についてあらためて議論を進めることにしています。
=====

■毎日新聞
・2006.11.09 ITのある教室:履修単位不足 「情報」未履修の問題点
=====
 高校の履修単位不足問題で、全国の公立・私立計619校(11月9日現在)で単位不足があったことが毎日新聞のまとめで判明しているが、このうち、03年に必修となった新教科「情報」で履修時間や単位が不足している学校が159校に上ることが、デジタルメディア局の集計で分かった。
・・・・・
「情報」を履修しない理由について、学校側は「他の授業や特別講義で意識的に『情報』の内容を扱っている」「『数学』は『情報』の基礎となると判断し(振り替えていた)」「パソコンを使った資料作りで『情報』の単位としていた」などと説明する。
・・・・・
「情報」は情報A、情報B、情報Cの3科目からなる。このうち1科目(2単位)を3年間の間に履修することを学習指導要領は定めており、目的については「情報活用能力の習得を通して、情報の科学的な見方や考え方を養い、情報が社会の中で果たしている役割や影響を理解し、情報化の進展に主体的に対応できる能力と態度を育てる」としている。
・・・・・
=====
 にも係らず、実際は、ワープロや表計算ソフトなどの操作方法を教えるだけの学校が多いようですね。専門的な教育を行える教師が不足しているのも原因だとか・・・

=====
 「情報」の授業が不十分な背景には、専門教員の不足がある。多くは、数学や理科、家庭科を専門とする教員で、15日程度の講習で「情報」の免許を取得した。大学の教職課程で「情報」の免許を取得した専門教員は少なく、長野、岐阜、神奈川県などのように来春の募集がなかった自治体もある。「情報」の教員が1校あたり1人しかいない自治体や、免許を取得した教員が異動し、補充がない学校もあるいう。
=====

 人材の数をそろえるのはやる気があればある程度はできるので、やる気(学習指導要領を守る気)が無かったといこともあるのかもしれませんね・・・

 「情報」科目の未履修問題は、情報処理学会でも取り上げられていますね。。。

■情報処理学会
・2006.11.15 高校教科「情報」未履修問題とわが国の将来に対する影響および対策

 また、内閣官房が現在パブコメに出している、「人材育成・資格制度体系化専門委員会報告書」(案)でも55ページで触れられていますね。

■内閣官房情報セキュリティセンター
・・2006.11.30 「人材育成・資格制度体系化専門委員会報告書」(案)

 

|

« 金融庁 金融機関検査は顧客保護に重点 | Main | 公正取引委員会 「入札談合の防止に向けて」(入札談合防止テキスト) »

Comments

高校を中心に社会人講師をやっているので、段々と現在の学校の問題点が具体的に見えてきています。

必修の情報を履修しないというのはひどい話だと思いますが、受験科目には無いのですから履修偽装の可能性はありますね。

一方で必修科目を増やし、授業時間数は減らし、教科をやってはいけない総合学習に時間を取って、しかもセンター試験も大学の入試も簡単にする、というのでは全体として矛盾ですよ。

もっと言ってしまえば大学進学率をどの程度にコントロールするのが適正なのか?といったこともきちんとするべきです。

この15年ぐらいで大学進学率は20%台から40%台に跳ね上がりました。
これは平和な世界になる保証と言えるでしょうかね?

Posted by: 酔うぞ | 2006.12.04 at 18:34

酔うぞさん、コメントありがとうございます。

学生を採用する側からすると、理系はともかく、文系の場合は、学校の成績よりポテンシャルを重視していますよね・・・たぶん。。。

大学は就職予備校ではないけど、結果的には就職予備校のようになっていて、
高校は大学予備校ではないけど、結果的には大学予備校のようになっていて、

って感じですかね・・・

Posted by: 丸山満彦 | 2006.12.05 at 01:14

> 実際は、ワープロや表計算ソフトなどの操作方法を教えるだけの学校が多いようですね
高校の「情報」の科目でもっとも採用されている教科書をみればわかりますが、内容的にそのようなものが中心となっています。

Posted by: 石井 | 2006.12.05 at 03:17

石井先生、コメントありがとうございます。教科書が、ワード、一太郎、エクセル等の使い方なんですか?ふーむ。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.12.05 at 09:00

履修問題でもルールをも守らないのが得だということになってしまいました。先生方は偉そうなことばかり言って、信用できないし、もう正直うんざりです。まず”正義とは何か?”人間の良心は何か?”、人間としての良心を持って教育にあたって下さい。

Posted by: sss | 2006.12.17 at 10:51

sssさん、コメントありがとうございます。sssさんは学生さんでしょうか?履修問題の決着は、なんとも納得できないものですね。結局、学校の先生がルールを守っていなかったことによる処分を回避するための処置だったような感じもしますね。先生も人間ですから、そういう人もいるでしょう。反面教師ということで、それもまた教師かもしれません。重要なことは、自分は自分で正しいと思う道を進むことかもしれませんね。人が悪いことをしてるからといって、腐ったり、自分も同じようなことをすると同じ道を歩んでしまいますからね。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.12.18 at 07:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/12925683

Listed below are links to weblogs that reference 高校における「情報」の未履修問題:

« 金融庁 金融機関検査は顧客保護に重点 | Main | 公正取引委員会 「入札談合の防止に向けて」(入札談合防止テキスト) »