« 総務省 「信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会」の開催 | Main | IT全般統制の項目 »

2006.12.08

大阪高裁 住基ネット離脱認める その後

 こんにちは、丸山満彦です。大阪高裁が箕面市、吹田市、守口市の反対住民の住基ネットからの離脱を認めたわけですが、その後の市の対応が分かれたようですね。。。

 
 箕面市と、吹田市・守口市の対応が別れましたね。。。

●箕面市は、上告断念
・読売新聞 2006.12.07 住基ネット離脱容認、確定へ…敗訴の箕面市は上告断念
・毎日新聞 2006.12.07 住基ネット:箕面市が上告断念 大阪高裁判決確定へ
・毎日新聞 2006.12.07 住基ネット:箕面市の上告断念「誠に遺憾」…総務事務次官
=====
総務省の松田隆利事務次官は7日の記者会見で、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)をめぐる住民訴訟の大阪高裁判決を受けて大阪府箕面市が同日、上告断念を決めたことについて「住基ネットの全国統一的な運用という観点から最高裁の判断を求めるべきものと考えており、誠に遺憾だ」と述べ、同市の対応を批判した。
=====
・産経新聞 2006.12.07 大阪・箕面市長、住基ネット訴訟の上告断念
=====
 平成16年の市長選で、住基ネット参加の選択権を個人に与えると公約したことを受けたとみられる。住基ネット訴訟で個人の離脱を認める判決が全国で初めて確定する見通しとなった。
 市議会で、藤沢市長は「住基ネットには情報漏洩(ろうえい)などの危険があり、判決を支持する」と述べた。
=====

●吹田市、守口市は上告
・読売新聞 2006.12.07 住基ネット離脱認めた判決に不服、守口・吹田市が上告


【このブログ】
・2006.12.03 住基ネット訴訟で違憲判決の大阪高裁判事、自殺?
・2006.12.01 大阪高裁 住基ネット離脱認める

|

« 総務省 「信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会」の開催 | Main | IT全般統制の項目 »

Comments

最高裁判所は「国レベルの訴訟」の判断を下す場所ではないと思うのだけれども....。
だったら、国に対する訴訟は最初から全て最高裁判所に提出しなさい、ということになってしまう。

Posted by: なかじま | 2006.12.08 at 15:56

http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/37090.html
箕面市では、市長の不信任という動きも出てきているようですね。

Posted by: 内部統制報告書の基礎 | 2006.12.08 at 19:04

どうして、そこまで住基ネット離脱をさせたくないのでしょうか・・・

離脱を希望するなら、離脱させればいいと思うのですが・・・

あんまり強固に離脱をする動きを抑えようとすると、それこそ、プライバシー権の侵害でしょうに・・・

「お上なんて信用できねぇよ!お上が楽するために、こっちの意思を無視してんじゃねぇよ!」

って、堂々といわれちゃったら、お上は反論できないと思うのですが・・・

「えー、そもそも住基ネットの意義とはぁ~」
とか、小難しい単語並べて煙に巻く回答でそうですね。。。

Posted by: せろまる | 2006.12.08 at 23:13

中島さん、コメントありがとうございます。裁判は段階を踏むことが重要ということですかね。。。

内部統制報告書の基礎さん、コメントと情報提供ありがとうございます。そもそも住基ネットへの登録については選択性って考え方だったようですね。

せろまるさん、コメントありがとうございます。事を急いてはいかんということですかね。。。人間関係の基礎は信頼関係ですから。。。そういう問題なのかもしれませんね。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.12.10 at 03:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/12977617

Listed below are links to weblogs that reference 大阪高裁 住基ネット離脱認める その後:

» 大阪高裁の住基ネット判決その後 [ほぼ日刊セキュリティニュース]
住基ネット離脱容認、確定へ…敗訴の箕面市は上告断念(YOMIRUI ONLINE) 箕輪市が上告を断念したと思ったら, 住基ネット離脱認めた判決に不服、守口・吹田市が上告(YOMIRUI ONLINE) 守口市・吹田市は上告だそうです.同じ大阪府内でも泥沼の様相を呈してきました. 個人的に気になるのは「個人離脱」を認めていることです.個人離脱を認めると,住民の中に住基ネットに参加している人といない人がいる訳です. …これって,市区町村で住民サービスのたびに住基に参加して... [Read More]

Tracked on 2006.12.08 at 21:50

« 総務省 「信書便事業分野における個人情報保護に関する研究会」の開催 | Main | IT全般統制の項目 »