« 財務諸表監査における不正について | Main | 全銀協 「四半期レビュー基準の設定について」に対する意見書について」へのコメント »

2006.12.19

内部統制の評価と監査制度 上場を考えている経営者との雑談

 こんにちは、丸山満彦です。IT系ベンチャーの経営者の方と雑談をしていると今回の内部統制の評価と監査制度についての話に話題が及んだりしますね。。。

 
 まぁ、上場してどうするの?とかそういう話はとりあえず横においておいて、気になっているのはコストとどのタイミングから適用されることになるのか?という話ですね。

 どのタイミング(上場前、上場後?)というのは内閣府令が出ないとわからないように思うのですが、業務自体が試行錯誤の繰り返しで標準化できていないところに、内部統制といわれても・・・とか、評価しないといけないなら、どんな人がどの程度必要となってくるの?とか、気にされているようです。
 そもそも、業務をこなし、利益を出すのが精一杯で、求人してもなかなか人が集まらなかったり、採用しても教育が十分できなかったりと、いろいろな方面に話が及びますね。
 もちろん、上場の時には内部統制も含めて上場できる体制になっていないとダメなんですけどね、新たに作業が増えるというのは、気になるようです・・・

 最近新興市場に上場した企業を有価証券届出書を見てみるとこんな感じですね。。。

●ミクシィ 東証マザーズ(8/14)
平成18年6月30日現在
従業員数(人) 49(23)
平均年齢(歳) 28.8
平均勤続年数(年) 1.2 
(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(パートタイマー、契約社員を含む)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
3.従業員数が最近1年間において27名増加しておりますが、これは業容拡大に伴う新規採用であります。

●ゲームオン 東証、マザーズ(11/8)
平成18年9月30日現在
従業員数(人) 106
平均年齢(歳) 30.9
平均勤続年数(年) 1.7
(注1) 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(人材会社からの派遣社員を含みます。)は、除いております。
(注3) 従業員数が最近1年間において、30名増加しましたのは、主として業容拡大に伴う期中採用によるものであります。

●ヒップ ジャスダック(11/17)
平成18年9月30日現在
従業員数(人) 704
平均年齢(才) 30.7
平均勤続年数(年) 3.1
(注)1.従業員数は就業人員であります。
3.最近1年間において従業員が123名増加しましたのは、主として業務拡大に伴う定期採用及び期中採用によるものであります。

●ギガプライズ 名証、セントレックス(11/10)
平成18年10月31日現在
従業員数(名) 77(4)
平均年齢(歳) 32.2
平均勤続年数(年) 2.7
(注) 1 従業員数は就業人員数であります。
2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員数であります。
3 従業員数が最近1年間において19名増加しておりますが、この大部分は業容拡大にともなう採用によるものです。

●アイレップ 大証ヘラクレス(10/13)
(平成18年8月31日現在)
従業員数(人) 86(2)
平均年齢(歳) 28.9
平均勤続年数(年) 1.3
(注)1.従業員数は、就業従業員数であります。
2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間)であります。
3.臨時従業員には、パートタイマー及びアルバイトを含み派遣社員を除いております。
4.従業員数が最近1年間において、21名増加しておりますが、事業拡大による中途採用及び新卒採用によるものであります。

●メディアファイブ 福証、Qボード(9/28)
(平成18年8月31日現在)
従業員数(人) 99[107]
平均年齢(才) 26.9
平均勤続年数(年) 1.37
(注)1 従業員数は就業人員であり、契約社員数は、年間の平均人員を[ ]外数で記載しております。
3 従業員数が最近1年間において、53名増加しましたのは、主として業務拡大に伴う新卒及び中途採用によるものであります。


|

« 財務諸表監査における不正について | Main | 全銀協 「四半期レビュー基準の設定について」に対する意見書について」へのコメント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内部統制の評価と監査制度 上場を考えている経営者との雑談:

« 財務諸表監査における不正について | Main | 全銀協 「四半期レビュー基準の設定について」に対する意見書について」へのコメント »