« 総務省 経済産業省 ボット対策プロジェクトを推進するポータルサイト「サイバークリーンセンター」の開設 | Main | SEC Votes to Propose Interpretive Guidance for Management to Improve Sarbanes-Oxley 404 Implementation »

2006.12.13

ウィニー事件 開発者に罰金150万円

 こんにちは、丸山満彦です。ウィニー事件の地裁判決がありましたね・・・。「技術自体の価値は中立的だが、著作権侵害への利用を認識し、弊害も知っていた。独善的かつ無責任な態度で非難は免れない。しかし侵害のまん延を積極的に意図したわけではない」(毎日新聞)と判断されたようです。

 
■日経新聞
・2006.12.13 ウィニー開発者に有罪、「著作権侵害をほう助」・京都地裁
・2006.12.13 ウィニー開発の元東大助手に罰金刑・京都地裁

■朝日新聞
・2006.12.13 「ウィニー」裁判、判決要旨
・2006.12.13 「新技術の開発、どうして罪に」ウィニー判決受け被告
・2006.12.13 ウィニー開発者に罰金150万円の有罪判決 京都地裁

■読売新聞
・2006.12.13 ウィニー開発の金子被告、罰金判決不服として即日控訴
・2006.12.13 ウィニー開発者に罰金150万円の有罪判決…京都地裁

■毎日新聞
・2006.12.13 ウィニー有罪:「当面は利用者のモラル頼み」の実態
・2006.12.13 ウィニー事件:京都地裁有罪判決 「技術開発に悪影響」 被告ら激しく批判
・2006.12.13 ウィニー有罪:京都地裁の判決要旨
・2006.12.13 ウィニー裁判:元東大助手の金子被告に有罪判決 京都地裁

■産経新聞
・2006.12.13 有罪の「天才」にネットで広がる批判と支持
・2006.12.13 ウィニー開発、元東大助手に罰金150万

■壇弁護士のブログ
壇弁護士の事務室
・2006.12.13 判決
Attorney-at-law

 まぁ、いろいろな意味で特殊な案件であろうと思います・・・

|

« 総務省 経済産業省 ボット対策プロジェクトを推進するポータルサイト「サイバークリーンセンター」の開設 | Main | SEC Votes to Propose Interpretive Guidance for Management to Improve Sarbanes-Oxley 404 Implementation »

Comments

 刑法総則の共犯規定は、もともと適用範囲が広いのですが、普通の方には知られていないので、たまに適用されると、驚かれるでしょうね。
 技術屋さんなどが安心したいのであれば、立法で適用範囲を絞るべきですね。
 例えば、プロバイダ責任制限法が民事責任は限定させたように。
 捕まってから理屈を唱えても、刑事裁判所はなかなか聞いてくれません。

Posted by: 奥村(大阪弁護士会) | 2006.12.13 at 23:11

>特殊な案件であろうと思います

判決の文章そのままにあたっていないので、なんともいえないのですけど、犯罪の幇助のために開発したかのような主観を有していて、それが認定されたということが大きかったのでしょうね。
その意味でまっとうな開発については、処罰されることはないですよといっておくべきなのでしょうね。

ただ、事実認定で、Winnyが、犯罪に対して中立的だったとされているような感じなので、その点が意外ですね。
技術的に客観的に中立でも、主観が超過すれば、処罰というのは、(目的犯の構造になってしまうのですが)極端なような気がします。

Posted by: 高橋郁夫 | 2006.12.13 at 23:31

奥村先生、コメントありがとうございます。法律の専門家ではないので、わからない部分があるのですが、、、
=====
刑法総則の共犯規定は、もともと適用範囲が広い
=====
 ということなんですか・・・。ひとつ賢くなりました・・・

Posted by: 丸山満彦 | 2006.12.14 at 02:42

高橋先生、コメントありがとうございます。
判決文を読んでいないのでなんともいえないのですが、今回の判決でソフトウェア開発が萎縮して日本のソフトウェア産業はだめになる・・・というのは、過剰反応なのではないか・・・とも思えるわけです。
 というわけで、法曹界の皆様のわかりやすい解説を期待しているわけです・・・
 よろしくお願いします。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.12.14 at 02:45

> 解説
IDFのデジタルフォレンジックコニュニティで、やらされるσ(^_^)。

Posted by: 石井 | 2006.12.14 at 03:10

石井先生、コメントありがとうございます。
そういえば、デジタルフォレンジックコミュニティでするんでしたね・・・
http://www.digitalforensic.jp/2006ws.html
12月18日、19日です。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.12.14 at 03:38

石井先生

よろしく、やっちゃってください。
というか判決が火曜日までに手にはいるかですけどね。

で、民事部門は、簡単に切り上げますね。

Posted by: 高橋郁夫 | 2006.12.14 at 16:10

>高橋先生

犯罪幇助のために開発したという点については、裁判所は否定しています。

とても多数が悪用する可能性を認識していたので幇助とされたのです。

Posted by: Toshimitsu Dan | 2006.12.14 at 17:43

旧版のWinnyが著作権侵害に広く利用されているのを知りながら、アップデート版Winny2を公開したことが幇助だということなのでしょうか。

そうとでも理解しないと説明がつかないような気がします。

Posted by: 神谷町の森 | 2006.12.14 at 19:24

このコメント(http://danblog.cocolog-nifty.com/index/2006/12/post_2bee.html)が、原判決直後も被告人が全く反省していない事実、として控訴審で検察が証拠請求する危険はないのでしょうか。
検察控訴で控訴審は「懲役6個月の実刑かも」という2ちゃんねら~の意見もあったので不安になりました。

Posted by: IT法勉強中 | 2006.12.14 at 22:26

 正犯の量刑理由や同種事案の科刑状況を調べれば検察が求める量刑はわかります。いまのところ確認された正犯は2人しかいませんが、1人の正犯の判決理由では、開発者正犯説は否定されていますので、主従は確定しています。
 弁護団は萎縮効果をアナウンスしていますが、それは弁護人の主張であって(そういう弁護活動もありだと思いますが)、判決報道http://www.asahi.com/national/update/1213/TKY200612130126.htmlを見る限り、「その技術の社会における現実の利用状況やそれに対する認識、提供する際の主観的態様による」として、提供意図が重視されているので、普通の技術者が萎縮する必要はないと思いますね。
 基本的には常識的な自己判断でいいと思うし、それでも心配なら、弁護士に適法意見を求めてから提供すればいいわけで、リスクとかコストはかかりませんよ。

Posted by: 奥村(大阪弁護士会) | 2006.12.14 at 23:13

こんばんわ、せろまるでございます。

今回の判決

・Winny自体は有用な技術であり中立的
・著作権侵害を意図したものではない

で、罰金の根拠

・上記を認めた上で、その後の運用に関して
 悪用されている事実を認識しながらもそのまま
 にしていた「無責任」さ
・著作権を軽んじる複数の発言

で、懲役刑を適用するほどではないが、無罪ともしがたい、よって罰金刑に処す

と、私は認識しております。
(間違った認識があればご指摘頂けると嬉しさで
微笑みます)

今後の予想

・ソフトウェア開発
 Winny自体は有用な技術と認められ、開発行為が有罪となったわけではないので、萎縮させることはない。

と思いたいのですが、「運用に関して何をすれば幇助にあたらない」のか、「何に留意して開発を行えばよい」のかが不明瞭なまま出された判決なので、せっかく開発しても気軽に公表できない流れができてしまいそうで、結果として開発を萎縮させる恐れは拭えないと思います。

・新技術
 有用な技術はえてして、悪用する人がでてくるのは歴史が証明していますので(ノーベルさんのダイナマイトも元々は作業の効率をあげる為に発明されたが、大量殺戮兵器という最悪の形で悪用された)公開前に、認識してしまった危険に対する配慮を十分に行ってからでないと、悪用された後に結果として幇助の罪をとわれる可能性があるため、公開を渋る、もしくは遅れてしまう。

と、このまま有罪に終ってしまった未来を妄想してみたのですが、判断材料が足りないので貧相なものになってしまってますね。。。

で、最後に

情報漏洩に関しては、漏洩元のセキュリティ教育、対策不足であり、それをさもWinnyの責任であるかのうように扱うのは本末転倒であると思います。


デジタルフォレンジックコミュニティに切に参加を希望するのですが、有給休暇を既に使い果たしてしまったので、参加が困難な今日この頃です。
丸山様、良い知恵はないものでしょうか?
とりあえず、明日(15日)上司に食ってかかろうと思っております。。。

Posted by: せろまる | 2006.12.14 at 23:21

ご存知の方も多い記録です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

名前:47 投稿日:02/04/03 06:36 ID:zQ6cSqb+ main/1017590243.html#141
で何度も書いてるけど、転送している人(もしかするとダウンしてる本人の
可能性も低確率であるけど外部からは判別不可能)のIPだけはどうしてもばれるけど、
その先にいる実際にファイルをリクエストした人のことはアップしている方からは
IPアドレス含めて何にもわからんです。共有リストって概念ないから
何持ってるかわかんないし、そもそもユーザーにIDが無い。
もちろんこのシステムは暗号化部分切れば、串経由でMX使ってるのと同じなわけで、
今作ってるシステム本体に中継ログ機能つけて各プロバイダで示し合わせて
データの流れを追えばだれから誰にデータが流れたかわかるかもしれんけど、
全部中身暗号化しちゃってる(もちろん検索単語などのリクエストも暗号化予定、
ファイル名は一番初めにキーに変換しちゃうので検索でヒットして初めて存在がわかるし、
実際に落として複号するまでネット上では中身がわからん)んで
私が自分で解析プログラム作って監視そても流れを追いきれんはずだなぁ。
著作権含むけどそれと知らない人が単にデータを中継しただけでも
つかまるってのなら逮捕可能かもしれないけど、それってルーター使ってたら
タイーホと同じなわけで、システム使ってるだけで無条件で逮捕可能にしないと、
捕まえられんだろう。

名前:47 投稿日:02/04/03 07:25 ID:zQ6cSqb+ main/1017590243.html#146
実はキーなどの情報の公開は2chに頼ってしまうのが一番良いのでは
ないかと思っとったりします(w
チャット機能に2ch使うの推奨。

名前:47 投稿日:02/04/03 08:22 ID:+p+BRZqV main/1017590243.html#155
もちろん、必死に暗号アタックすれば、キャッシュや公のサーバーにおいてある
ファイルの名前や中身がわかる可能性はいつまでも残るわけですが、
この状態でやばい物を持っていて、尚且つ持ち主が暗号解読不可能な状態なら、
それを公開している人が著作権侵害に当たるのか?わいせつ物陳列になるのか?
→問題その1
もしくは、システム側で完全に匿名にできたとしたら、そのシステムを作った人に
責任を押し付ける可能性は?という問題が無くもないわけでし

名前:47 投稿日:02/04/04 20:06 ID:stKzX4UZ main/1017590243.html#310
本物と思われる人です(w。ついに偽者が出るようでうれしい。
間違ったことややばいこと書いたら偽者のせいにするのでよろしくね~ん。
さて、今悩んでるのは検索時のネットワークルーティングでしょうか。
Freenetと同じでもいいんですが、遅そうなんで独自の方式を考え出しました。
具体的内容は秘密ですが、それなりに高速で、今回の転送方式との相性が良いはず。
もちろんどの程度のパフォーマンスが出せるかは実際に動かしてみないとわかりませし。
検証用のトラフィックシミュレーターでも作ってモデル検証してみようかとも思いましたが、
とりあえず実際に作ってしまった方が早そうなんで今夜にでも作ってしまいましょう。
予想では、mp3のような小さいファイルがたくさんとか、遅い回線使用者ばかり
ですとパフォーマンスが悪いですが、比較的大きなファイルが主流で
高速回線使用率が高いとMX並みの速度が出せるはずです。
匿名性最重視で小さいファイルメインならFreenetでいいわけですので、
今回のではMXの後継位置を目指して、それ向きな方式を選択していきましょう。
なお、Freenetの技術的なことはこの辺りが参考になりました
ttp://www.sfc.wide.ad.jp/~egichan/mlecture/netsec2000f/kadai3.html
あと要望に応じてソース一部提出(w
ちゃんと作ってますよん。
/*
* Start MD5 accumulation. Set bit count to 0 and buffer to mysterious
* initialization constants.
*/
void MD5Init(MD5Context *ctx)
{
  ctx->buf[0] = 0x67452301;
  ctx->buf[1] = 0xefcdab89;
  ctx->buf[2] = 0x98badcfe;
  ctx->buf[3] = 0x10325476;
  ctx->bits[0] = 0;
  ctx->bits[1] = 0;
}
↑ちなみにここは他所からパクったソースだ

前:47 投稿日:02/04/05 23:54 ID:77Xrl5cl main/1017590243.html#458
>>455
ただ、ファイル交換するだけだから絶対その内容は実行されないですよん。
もちろん、交換したファイルにウイルスがあるかどうかなんてしったこっちゃないですが、
上に書いた理由により、皆さんの連携で弾けるはず。
> って事は誰が誰と交換してるとかは47氏からは筒抜けって事ですか?
無理っす(^^;動き出したら私にも止められないです。

名前:47 投稿日:02/04/06 00:06 ID:+KInPcrb main/1017590243.html#462
>>460
ネットワーク全体を見張る何らかのメカニズムができない限り無理ですよ。
一度作ってしまったら昔のバージョンも残るでしょうから
後から頼まれても状況をスパイするソフトは私にも作成困難になります。
もちろん、初めからそれ目的で作っていれば筒抜けになる可能性が
ありますが、常に特定のところにデータが行くようになってたら
いずれ誰かが気がつくでしょう。もちろん警察がそんな面倒なことするわけないし。
あと私のPC見てもソースあるだけで怪しいデータやり取りしてるのは
他の人の責任だし、後の可能性を考えると開発も匿名の方がいいだろうって判断で
最後まで名前隠します。ウイルスみたいなもんですね。
まぁ、開発理由は単なる暇つぶしです(w。正確に言えば、Freenetを面白いと思ったのと、
まだ使い物にならんなーどうにかならんかなと思ったのがその理由ですね。

名前:47 投稿日:02/04/06 01:07 ID:M5Lc7MaX main/1017590243.html#471
>>464
ご意見どうもです
> 複数起動して自分のファイルを自分で検索&ダウソして優先度を押し上げるとか…
あーなるほど、それありそうですね。できるだけ禁止するようにしときますが、
複数のマシン使って回線詐称されると痛いかもしれず。
実際にデータ量測ってても、これならごまかすことはできますし。
ただこの辺は単に接続相手の選択にかかわることなんで、高速回線の人とは繋がりたくない
って場合にのみ意味のある技かな。複数起動したら結果的に低速扱いになるんで
それで転送を頼まれる率は下がりますが、接続相手も低速回線の人が増えて行きます。
この辺は基本的に同じ程度の速度の人同士で繋がるようにする工夫なだけですし、
回線が細くてこれやったらDOM可能でも時間がかかりすぎて途中で切られるでしょう。
> 一時的にログを取得中
とりあえず平気でしょう。開発途中のソフトの話しただけで捕まるはずないし、公開しても
作者の逮捕は無理かと。ファイル交換ソフト作成で逮捕された例なんてないはずだし、
公開後に個人情報を特定されるだけなら痛くも痒くもないなー。
逆に売名行為になっていいかも(w

名前:47 投稿日:02/04/06 01:17 ID:M5Lc7MaX main/1017590243.html#476
ソフト公開で逮捕というとFLMASKの例があるから絶対無いともいえんけど、
その前にトンズラできると思うなぁ。
初めは目立たないWEB上でひっそりやって目立ってきたら
自分で作ったワールド内に逃げればいいと思われ。
広まるほどの完成度に達すれば逃げられるし、
達しなければ捕まることも無いという二重の安全策(w
あとMXでの公開の方が絶対危険だよね。
あれ珍しいファイルだと提供者のIPが一発でばれるし。

名前:47 投稿日:02/04/11 00:21 ID:TuaSESIN main/1018434705.html#86
あとこのシステムでの法的な問題点ですけど、
似ているのはやばいブツの運び屋と同じでしょう。
システム利用者は自分が運んでいるものがやばそうなものであることは
知っていますけど、それの詳細は知らず、依頼に応じて他人のところに
もって行くだけなわけです。そして運び屋の仲介は複数人で、
仕事を頼む方ものを受け取る方も、実は運び屋に化けていて誰から
誰にブツの運搬が行われているのか途中の運び屋はわからない
という状況に似ています。
運び屋を捕まえることはできるけど、法的な責任はそれほど
問えない可能性があるってことです。そして、運び屋と違い、
警察が簡単に車止めて中身を見られない状況なわけです。

名前:47 投稿日:02/04/11 00:26 ID:TuaSESIN main/1018434705.html#89
個人的な意見ですけど、P2P技術が出てきたことで著作権などの
従来の概念が既に崩れはじめている時代に突入しているのだと思います。
お上の圧力で規制するというのも一つの手ですが、技術的に可能であれば
誰かがこの壁に穴あけてしまって後ろに戻れなくなるはず。
最終的には崩れるだけで、将来的には今とは別の著作権の概念が
必要になると思います。
どうせ戻れないのなら押してしまってもいいかっなって所もありますね。

名前:47 投稿日:02/04/18 08:55 ID:lk7slWFF main/1018434705.html#739
>>733
> キャッシュのαに対しアクセスカウントを与え、以後コレをαの評価値として保持しておくようにするんです。
これはやろうかと思っています。ただ、信頼性のあるキャッシュを増やすためですが。
> アクセスカウントの多い、つまり人気の物を優先して、帯域が空いたときにでも、
> 自分の上位ノードへと、転送するというのはどうでしょう?
これも結果的にそうなる(わざわざ転送するまでも無く、同じファイルに二度リクエストが
あると一つ上に届きやすい)と思われるので人気のあるファイルは勝手に広まっていきますが
動作として転送ということにはならないです。つまり、キャッシュは消しません。
UP側の責任はみんなで分担ということになるでしょう。
733氏はダウン側の責任を心配しているのでしょうが、このシステムでは
「ダウンかけた人に全ての責任が発生する」と思われます。
ただそれをネット内で見つけ出すのが難しいので、
怪しそうな人の自室に忍び込んで実際にダウン、解答、使用したところを
現行犯で見れて、初めてたいーほでしょう。
囮やろうとしても自分が違法行為をするだけなんで、囮捜査が禁じられた日本では
使用自身ができないし、囮捜査を許したとしても捕まえられるのは捜査員だけ。
法改正するとしたら、こういうソフトウェアの開発、公開それ自身を禁じるしかないと思います。
私がやらんでも誰か他の方がやるだろうし、そろそろデジタルデータ著作権に対する考えを
見直す時代になりつつあるということでしょうね。

名前:47 投稿日:02/04/30 22:41 ID:ExHEmZC0 main/1019230372.html#848
これを作り始めた理由は、Freenetの考え面白いと思ったけど、その設計じゃ使いもんにならんのでは?
もっといい設計あるんじゃないの?(つーかJavaはやめれ)と思ったのと、一月丸々かければ実際に作ってそれを
実証できそうだけど4月1日時点で暇だったというところですかね。
まぁ、そろそろ匿名性を実現できるファイル共有ソフトが出てきて現在の著作権に関する概念を
変えざるを得なくなるはず、あとは純粋に技術力の問題であって何れ誰かがその流れをブレイクさせる
だろうとは思ってたんで、だったら試しに自分でその流れを後押ししてみようってところでしょうか。
純粋に暇つぶしの腕試しです。
私なんてたいしたこと無くて、この程度作れる人は日本人でもかなりいるはずですが、実際に表に
ブツを出す人少ないんで、こういう方面でも日本人にがんばって欲しいというのもあります。

Posted by: アーカイブ | 2006.12.15 at 01:48

高橋先生、せろまるさん、奥村(大阪弁護士会)先生、IT法勉強中さん、神谷町の森先生、Toshimitsu Dan先生、アーカイブさん、コメントありがとうございます。
 判決文を見ればいろんなことがわかるんでしょうね。
ということで、デジタルフォレンジックコミュニティーでの石井先生の発表に期待が集まる。。。わけですね・・・。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.12.15 at 09:11

丸山 様

夏井です。

まだきちんと判決文を読んでいないので,間違っているかもしれませんけれど,私はある種の危惧感を覚えています。

ある汎用的ソフトウェアが開発され,たとえばフリーソフトとして世に出されたと仮定します。そして,そのソフトウェアは汎用的であるがゆえに良いことにも用いることができるけれども悪いことにも用いることができると仮定します。また,そのソフトウェアを使用する際には「著作権侵害などの目的で使用しないでください」という表示が出るようになっていると仮定します。

ところで,そのようなソフトウェアが本当に有用なものであるとすれば,あっという間に世界中に広まるかもしれません。そして,その利用者の中には著作権侵害を含め違法な目的で利用する者も出てくることでしょう。

しかし,そのソフトウェアの開発者としては,そのソフトウェアの使用をやめさせる方法を持っていないというのが普通です。ですから,いつのまにか主として違法な目的でそのソフトウェアが用いられるようになったとしても,開発者としてはどうにも手の出しようがないということになってしまいます。

もし,そのような状況の下で,違法行為が蔓延・拡大することに対して「何もしなかった」ということだけで犯罪の幇助だとされてしまうとすれば,かなり恐ろしい事態が発生してしまうかもしれません。

今回の判決がそこまでのことを述べているかどうかは判然としない部分があります。

しかし,法学者である私としては,この判決の基礎となっている理屈を拡張的に理解することは非常に危険な結果をもたらすことになるかもしれないと警戒しているところです。

もしこの判決の基礎となっている理屈の拡張的な解釈が正当化されるようなシミュレーションが正しいと仮定すると,今後,すべてのソフトウェア開発者は,当該ソフトウェアの中に自爆用モジュールを予め内蔵させておき,もしソフトウェア開発者の意図に反して当該ソフトウェアの濫用や悪用がはびこるようになってしまったら,リモートで探知可能なすべての当該ソフトウェアについてそのモジュールを機能させてそのソフトウェアを自爆させ機能しなくさせてしまうようなコマンドを送信することができるような仕組みを実装しておかないといけないということになってしまいそうです。

これは,色んな意味でとてもおそろしいことだと思います。

たとえば,テロリストが社会を混乱させる目的で有用なソフトウェアに自爆用モジュールを組み込んでおき,それをフリーソフトとして流通させたとしても,「犯罪の幇助とされることを免れるためだ」という口実を与えてしまうことになるからです。

この事件についてはこのような判決が出てしまったわけですが,あくまでも一般論として,裁判官は自分の判決で用いる理屈が社会全体に対してどのような害悪や迷惑を与えることになるのか(or ならないのか)をよく考えた上で判断をしてもらいたいと思っています。

そのためには,ソクラテスではありませんけど「無知の知」ということが最も重要であり,自分の知的能力というものが自分で願うほどには広くも深くも豊かでもないという当たり前のことを謙虚に認めながら地道に勉強を重ねるしかないと言うべきしょう。

Posted by: 夏井高人 | 2006.12.15 at 09:12

開発者が有罪なら、雑誌等の売上を上げるために、開発されたソフトの違法な利用方法を紹介し、著作権侵害を結果として助長することになってしまったメディアも「幇助」と見做されるのでしょうか?
「報道の自由」はあるが、その報道が与える社会的影響や危険性に対する十分な配慮を行っていたといえるのでしょうか?

Posted by: なかじま | 2006.12.15 at 11:26

夏井先生、なかじまさん、コメントありがとうございます。
判決文を読んでみたいですよね。。。
デジタルフォレンジック・コミュニティーで石井先生がなんらかのコメントをしてくれるような気がするので、楽しみ=>とプレッシャーをかけてみる・・・ですね。。。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.12.16 at 08:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/13054019

Listed below are links to weblogs that reference ウィニー事件 開発者に罰金150万円:

» winny 開発者に有罪判決 [情報セキュリティコンサルタントのお気楽Blog]
このところ、興味深い判決が続き、お蔭様でこのBlogを更新するモチベーションが上がっています。 今日は、あのWinnyの開発者が問われた著作権法違反事犯の判決がでました。大方の予想通りの判決と反応でした。... [Read More]

Tracked on 2006.12.13 at 22:51

« 総務省 経済産業省 ボット対策プロジェクトを推進するポータルサイト「サイバークリーンセンター」の開設 | Main | SEC Votes to Propose Interpretive Guidance for Management to Improve Sarbanes-Oxley 404 Implementation »