« 米国の費用対効果分析によると日本の方法は費用がかかる? | Main | 経営法友会 「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準-公開草案-」に関する意見 »

2006.12.30

弦巻ナレッジネットワークの「「日本版404条」審議過程の検証」は興味深いです。。。

 こんにちは、丸山満彦です。弦巻ナレッジネットワークのウェブに掲載されている「日本版404条」審議過程の検証」は興味深いですね。。。

 
弦巻ナレッジネットワーク
「日本版404条」審議過程の検証

 内部統制部会の議事録を丹念に読み込んで、次の9つの疑問を検証していますね。。。非常に興味深いです。。。

=====
(1)制度全体のフレームワークから出発せず内部統制監査に限定した部分最適議論に終始しているのではないか
(2)(似たようなことだが・・・)内部統制を外部監査しなければならないという固定観念にとらわれて他の選択肢について柔軟な判断ができていないのではないか
(3)諸外国の基準等が考慮されていないのではないか
(4)内部統制有効性監査の合理的な基準が提示できていないのではないか
(5)トップダウンリスクアプローチが何なのかを提示できないのではないか
(6)ダイレクトレポーティング不採用が一体どのような効果を持つかについて詰められていないのではないか
(7)小規模会社の特殊性に対する配慮が不十分ではないか
(8)監査の前提条件である文書化範囲が明確に提示されていないのではないか
(9)過大コストのリスクに対して有効な施策が講じられていないのではないか
=====

(1)について。。。経営者の刑事罰を米国並にするという方法もあったのかもしれませんし。。。
(2)について。。。仲間内では、ダイレクトレポーティング方式のレビューが一番効果的なんではという意見もあり。。。
(3)について。。。米国流は日本だけかも。。。
(4)について。。。保証業務成立の要件を満たしていないということですよね。COSOも本当にクライテリアなりえるのか・・・という話がありますが、今回の基準+実施基準でクライテリアなりえるのか?という話は理論的にはありますね。
(5)について。。。財務報告の虚偽記載を引き起こすリスクにフォーカスを当てて、より経営レベルの高いコントロールからリスク受容となるレベルまで統制を評価していくことだと思うのですが、学者の人が実はよく実態を理解していなかった???とか。
(6)について。。。米国と異なる道を選んだ以上、明らかにしなければいけないと思いますが。。。
(7)について。。。議論しているようには見えませんね。。。というか、そこまで気を回す余裕がなかったのかもしれませんね。。。
(8)について。。。これは難しいのではないでしょうかね。。。
(9)について。。。導入ありきで議論をはじめ、米国の本当の状況もよくわかっていないと具体的な議論ができないのかもしれませんね。。。

【参考】このブログ
・2006.08.09 内部統制部会議事録等

|

« 米国の費用対効果分析によると日本の方法は費用がかかる? | Main | 経営法友会 「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準-公開草案-」に関する意見 »

Comments

真田さんは、業界の異端児!
結構、したたかなビジネスを考えているよ
要は、自分の名声とお金儲けでしょうね

Posted by: asad | 2007.01.14 09:39

asadさん、コメントありがとうございます。
眞田さん、本人とはお会いしたことがないので、どうのこうのという立場にはありませんが、
=====
結構、したたかなビジネスを考えているよ
要は、自分の名声とお金儲けでしょうね
=====
もいいんじゃないでしょうか?
皆さんが決めることなので。。。
ただ、みんなの期待値と実際がことなるとクレームになるというのは世の常ですね。

Posted by: 丸山満彦 | 2007.01.15 19:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 弦巻ナレッジネットワークの「「日本版404条」審議過程の検証」は興味深いです。。。:

« 米国の費用対効果分析によると日本の方法は費用がかかる? | Main | 経営法友会 「財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準-公開草案-」に関する意見 »