« 気象庁 津波警報解除を誤報 | Main | 総務省 公的個人認証サービスの利活用のあり方に関する検討会の発足 »

2006.11.17

金融庁 パブコメ? バーゼルⅡ適用開始後における金融検査

 こんにちは、丸山満彦です。金融庁が、バーゼルⅡ適用開始後における金融検査について意見募集?をしています。

 
金融庁
・2006.11.16 バーゼルⅡ適用開始後における金融検査について
・・(別紙1) バーゼルⅡ実施に対応した金融検査マニュアル改訂の概要(PDF:120K)
・・(別紙2) 統合的リスク管理態勢の確認検査のポイント(PDF:88K)
・・(別添1) 統合的リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト(案)(PDF:203K)
・・  自己資本管理態勢の確認検査用チェックリスト(案)(PDF:215K)
・・  オペレーショナル・リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト(案)(PDF:205K)
・・  標準的手法の検証項目リスト(案)(PDF:243K)
・・  内部格付手法の検証項目リスト(案)(PDF:282K)
・・  参考事項(PDF:80K)
・・(別添2) 統合的リスク管理態勢に関する検証の考え方(PDF:66K)

 締め切りは、平成18年12月18日(月)17:00(必着) だそうです。。。

 金融庁の検査マニュアルですが、バーゼルを意識していますから、COSOベースです。ということは、一般会社であっても、内部統制、とくに全社的な内部統制の評価において、参考になりますね・・・。例えば、金融検査マニュアル(預金等受入金融機関に係る検査マニュアル)の
「リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト(共通編)(PDF:327K) 」は、全社的な内部統制の評価に、
「システムリスク管理態勢の確認検査用チェックリスト(PDF:317K) 」は、IT全般統制の評価に、
役立ちます。。。

=====
金融検査マニュアル
金融検査マニュアル(預金等受入金融機関に係る検査マニュアル)
リスク管理態勢の確認検査用チェックリスト(共通編)(PDF:327K)
システムリスク管理態勢の確認検査用チェックリスト(PDF:317K)

●システムリスク管理態勢の確認検査用チェックリスト
Ⅰ.リスク管理に対する認識等
1.取締役の認識及び取締役会等の役割
(1) リスクに対する認識等
(2) 金融機関全体の経営方針に沿った戦略目標の明確化
(3) リスク管理の方針の確立

Ⅱ.適切なリスク管理態勢の確立
1.リスクの認識と評価
(1) 管理すべきリスクの所在、種類の特定
(2) インターネットを利用した取引に係るリスクの認識と評価
2.職責の分離
相互牽制体制の構築

Ⅲ.監査及び問題点の是正
1.内部監査
(1) 内部監査部門の体制整備
(2) 内部監査部門の監査の手法及び内容
2.外部監査
外部監査の活用

Ⅳ.企画・開発体制のあり方
1.企画・開発体制
(1) 企画・開発体制
(2) 開発管理
(3) 規定・マニュアルの整備
(4) テスト等
(5) 人材の養成
2.新規分野への進出

Ⅴ.体制の整備
1.管理体制
(1) セキュリティ管理体制
(2) システム管理体制
(3) データ管理体制
(4) ネットワーク管理体制
(5) インターネットを利用した取引の管理体制
2.システム運用体制
(1) 職務分担の明確化
(2) システムオペレーション管理
(3) トラブル管理
(4) 顧客等のデータ保護
(5) 不正使用防止
(6) コンピュータウィルス等

Ⅵ.外部委託管理
(1) 外部委託業務に関する計画・実行
(2) 外部委託業務のリスク管理体制
(3) 問題点の是正

Ⅶ.防犯・防災・バックアップ・不正利用防止
(1) 防犯対策
(2) コンピュータ犯罪・事故等
(3) 防災対策
(4) バックアップ
(5) コンティンジェンシープランの策定


|

« 気象庁 津波警報解除を誤報 | Main | 総務省 公的個人認証サービスの利活用のあり方に関する検討会の発足 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金融庁 パブコメ? バーゼルⅡ適用開始後における金融検査:

» SOX法: リスク重視-トップダウン型 [SOX法とは?]
経営者とは、企業の内部統制整備と、その有効性評価・内部統制報告書へ 署名をする責... [Read More]

Tracked on 2006.11.28 07:59

« 気象庁 津波警報解除を誤報 | Main | 総務省 公的個人認証サービスの利活用のあり方に関する検討会の発足 »