« ネットワーク・セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢 無事終了 | Main | 内部統制監査の意見形成論 »

2006.10.08

米国の事例のままでコンサルティングを受けることの危うさ・・・

 こんにちは、丸山満彦です。財務報告に係る内部統制の評価の枠組みについて、米国の事例をもとにコンサルティングを受けている会社が多いかもしれませんが、初年度の米国の事例をもとにコンサルティングを受けると、やりすぎ・・・となる可能性が高いので注意をしないといけませんね。米国でやりすぎ・・・と言われた方法である可能性が高いですから・・・。その後の、米国企業での効率化に向けた動向を踏まえた枠組みにしないと大変かもしれませんね・・・

 
■Deloitte
Sarbanes-Oxley Home
Lean and Balanced: How to Cut Costs Without Compromising Compliance
・・(PDF)

E&Y (Belgium)
・2005.11 404 Perspectives Issue No. 1 Top-Down, Risk-Based Approach
・2006 404 Perspectives Issue No. 2 Efficient Testing Strategies for 2006
・2006 404 Perspectives Issue No. 3 Case Studies on Testing

■KPMG US
・2005.spring Assessing Internal Control over Financial Reporting
Canada Internal Control
・2006.08 Certification of Internal Control: Evaluating Design
Canada Sarbanes
・2004.10 Sarbanes-Oxley Section 404: Management's Assessment Process - Frequently Asked Questions
・2004.10 Framework for Evaluating Control Exceptions and Deficiencie

■PwC
Sarbanes-Oxley center: The act and strategies for compliance
・2004.07 Sarbanes-Oxley Act:Section 404 Practical Guidance for Management
・2004.07 The Use of Spreadsheets: Considerations for Section 404 of the Sarbanes-Oxley Act
How to move your company to sustainable Sarbanes-Oxley compliance—from project to process

 うまいこと整理できていないけど・・・

|

« ネットワーク・セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢 無事終了 | Main | 内部統制監査の意見形成論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米国の事例のままでコンサルティングを受けることの危うさ・・・:

« ネットワーク・セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢 無事終了 | Main | 内部統制監査の意見形成論 »