« マルチメディア振興センター 電気通信分野における情報セキュリティ確保に係る安全基準(第1版) | Main | ネットワーク・セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢 初日 »

2006.10.05

内部統制監査 米国とは違う道を歩む日本?

 こんにちは、丸山満彦です。2006.09.19に公表されたPCAOB議長の証言の発言からすると・・・内部統制の監査意見について、日本と米国は別々の道を歩むことになるかも?しれませんね。

 
■PCAOB2号に示されている監査報告書の意見部分の例示
PCAOB第2号
・Example A-1
=====
In our opinion, management's assessment that W Company maintained effective internal control over financial reporting as of December 31, 20X3, is fairly stated, in all material respects, based on [Identify control criteria, for example, "criteria established in Internal Control—Integrated Framework issued by the Committee of Sponsoring Organizations of the Treadway Commission (COSO)."]. Also in our opinion, W Company maintained, in all material respects, effective internal control over financial reporting as of December 31, 20X3, based on [Identify control criteria, for example, "criteria established in Internal Control—Integrated Framework issued by the Committee of Sponsoring Organizations of the Treadway Commission (COSO)."].
=====
 つまり、
(1)経営者の内部統制報告書が適正に作成されていること、
(2)内部統制は有効であること
 の2つの意見を表明することになっています。

一方、日本の内部統制部会基準案の監査意見
財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準のあり方について
=====
③ 内部統制報告書に対する監査人の意見
イ. 内部統制報告書における経営者の評価結果
ロ. 内部統制報告書が一般に公正妥当と認められる内部統制の評価の基準に準拠し、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示していると認められること
=====
 つまり、
(1)経営者の内部統制報告書が適正に作成されていること、
についてのみ意見表明することになっています。

 ところが、2006.09.19に公表されたPCAOB議長のOlson氏のPCAOB2号の改正の方向性についての証言では、
=====
In particular, the Board plans to consider eliminating any suggestion that auditors need to evaluate the process that a company uses to reach its conclusion about the effectiveness of company controls. Instead, auditors’ work would clearly be limited to evaluating whether, in the auditor’s opinion, the company’s internal control is designed and operating effectively, without intruding on management’s process to reach its conclusion.
=====
となっていて、監査意見は、
(2)内部統制は有効であること
に限定しようとしているように読めます。
The Honorable Mark W. Olson, Chairman, Public Company Accounting Oversight Board

どうなんでしょうね・・・

【参考】このブログ
・2006.09.23 2006.09.19 House Committee on Financial Services >Hearing entitled "Sarbanes-Oxley at Four: Protecting Investors and Strengthening the Markets."

|

« マルチメディア振興センター 電気通信分野における情報セキュリティ確保に係る安全基準(第1版) | Main | ネットワーク・セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢 初日 »

Comments

丸山 様

夏井です。

何年か前に個人情報保護法が制定された際にも同じようなことがありましたね。まるで,デジャブーか何かではないかと思ってしまうような印象を受けます。(笑)

結局,最初から最後まで全部英語でやらない限り,今後も同じようなことが繰り返されることになるでしょう。

Posted by: 夏井高人 | 2006.10.05 at 22:56

夏井先生、コメントありがとうございます。

理解して、意図して、違う道を歩んでいればよいのですが、そうでないならば、たんなるミスですね。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.10.07 at 07:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/12157578

Listed below are links to weblogs that reference 内部統制監査 米国とは違う道を歩む日本?:

« マルチメディア振興センター 電気通信分野における情報セキュリティ確保に係る安全基準(第1版) | Main | ネットワーク・セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢 初日 »