« マクドナルドのキャンペーン賞品MP3プレーヤーの一部がウイルスに感染 | Main | 経済産業省 製品回収にICタグ活用検討? »

2006.10.15

公認会計士協会 内部統制に関係する監査基準委員会報告書等

 こんにちは、丸山満彦です。日本公認会計士協会の監査基準委員会報告書等で内部統制に関係する重要な報告書はこれです。

 
【日本公認会計士協会】
答申等一覧
日本公認会計士協会著作権規約

●監査基準委員会報告書
・2006.03.17 第18号 委託業務に係る統制リスクの評価 (PDFは、2005.01.16版。ほんのちょっとかわってる)
・2006.03.30 第29号 企業とその環境の理解及び重要な虚偽表示リスクの評価
・2006.03.30 第31号 監査証拠
(公開草案)
・2006.03.30 財務諸表の監査における不正への対応 (第10号に代わるものですが、まだ正式には承認されていない @2006.10.14)
・・2002.05.30 第10号 不正及び誤謬

●IT委員会報告
・2006.03.17 第3号 財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について

 監査基準委員会報告書第29号では、内部統制の構成要素の話や、全般統制のIT業務処理統制についての記載があります。
 第31号では、経営者の主張(アサーション)や、監査手続についての記載があります。

 第18号は、廃止された委員会報告書20号を補完するという位置づけですから、改訂しなければならないですね。。。

国際会計士連盟の監査基準と比較すると・・・

・240 THE AUDITOR’S RESPONSIBILITY TO CONSIDER FRAUD IN AN AUDIT OF FINANCIAL STATEMENTS (財務諸表の監査における不正への対応)

・315 UNDERSTANDING THE ENTITY AND ITS ENVIRONMENT AND ASSESSING THE RISKS OF MATERIAL MISSTATEMENT (第29号 企業とその環境の理解及び重要な虚偽表示リスクの評価)

・402 AUDIT CONSIDERATIONS RELATING TO ENTITIES USING SERVICE ORGANIZATIONS (第18号 委託業務に係る統制リスクの評価)

・500 AUDIT EVIDENCE (第31号 監査証拠)

IT委員会報告第3号に該当する国際監査基準はありません。日本オリジナルです(たぶん)。でも、SAS94号なんかを参考にしたはず・・・

 余談ですが、監査基準委員会の報告書は、監査基準委員会報告書と「書」がつくのですが、IT委員会の報告書はIT委員会報告と「書」がつきません。なぜなんだろう・・・。

|

« マクドナルドのキャンペーン賞品MP3プレーヤーの一部がウイルスに感染 | Main | 経済産業省 製品回収にICタグ活用検討? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公認会計士協会 内部統制に関係する監査基準委員会報告書等:

« マクドナルドのキャンペーン賞品MP3プレーヤーの一部がウイルスに感染 | Main | 経済産業省 製品回収にICタグ活用検討? »