« 内部統制の構成要素比較 日本語 | Main | NIST SP800-53Aの評価手順書作成の考え方 »

2006.08.01

内部統制が有効であるということ

 こんにちは、丸山満彦です。財務報告に係る内部統制の評価と監査の制度では、経営者がまず、財務報告にかかる内部統制が有効であるという結論を表明しなければなりません。
 COSOの内部統制報告書では内部統制が有効であることについて次のように述べています。


・COSO:トレッドウェイ委員会組織委員会 内部統制の統合的枠組み(理論篇) 鳥羽至英、八田進二、高田敏文共訳 1996年 白桃書房
 
=====
 特定の内部統制システムが「有効である」かどうかを決定するということは、5つの内部統制の構成要素が存在し、かつ、有効に機能しているかどうかについての評定から得られる主観的判断である。内部統制の構成要素が有効に機能していることは、上で述べた1つ又は複数の統制目的の範疇が達成されていることについて、合理的な保証を提供するものである。かくして、構成要素は、内部統制の有効性の判断規準でもある。
 5つの判断規準はすべて満たされていなければならないが、このことは、事業体が違っても、それぞれの構成要素がまったく同じに、あるいは、同じ有効性の水準で機能しなければならない、ということを意味するものではない。構成要素間に何らかのトレードオフの関係が存在する場合がある。統制手続はさまざまな目的に役立つので、1つの構成要素の統制手続が、他の構成要素に通常存在する統制手続の目的に役立つ場合もある。さらに、特定のリスクをどの程度扱うことができるかは統制手続によって異なる場合がある。それゆえ、統制手続単独ではその効果が限られている場合であっても、いくつかの補完的な統制手続がまとまって機能した場合には、満足のいく効果を示すこともある。
 以上の内部統制の構成要素と判断規準は、内部統制システム全体に適用されることもあれば、1つまたは複数の統制目的の範疇に適用されることもある。いずれの範疇-たとえば財務報告に関する統制-を取り上げる場合であっても、財務報告に関する内部統制が有効であるとの結論を下すためには、5つの判断規準はすべて満たされなければならない。
=====

 内部統制が有効であるためには、5つの構成要素が有効に機能していなければならないが、すべての構成要素が同じレベルで有効に機能している必要はない。なぜならば、構成要素間にはトレードオフの関係が存在する場合があるからだ。ということなのでしょうね・・・

=====
Determining whether a particular internal control system is "effective" is a subjective judgment resulting from an assessment of whether the five components are present and functioning effectively. Their effective functioning provides the reasonable assurance regarding achievement of one or more of the stated categories of objectives. Thus, these components are also criteria for effective internal control.
Although all five criteria must be satisfied, this does not mean that each component should function identically, or even at the same level, in different entities. Some trade-offs may exist between components. Because controls can serve a variety of purposes, controls in one component can serve the purpose of controls that might normally be present in another component. Additionally, controls can differ in the degree to which they address a particular risk, so that complementary controls, each with limited effect, together can be satisfactory.
These components and criteria apply to an entire internal control system, or to one or more objectives categories. When considering any one category - controls over financial reporting, for example -all five criteria must be satisfied in order to conclude that internal control over financial reporting is effective.
=====

念のために原文も・・・

|

« 内部統制の構成要素比較 日本語 | Main | NIST SP800-53Aの評価手順書作成の考え方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内部統制が有効であるということ:

« 内部統制の構成要素比較 日本語 | Main | NIST SP800-53Aの評価手順書作成の考え方 »