« 総務省 目印でネット上の情報流通を制御?の研究 | Main | 気づいている内部統制の不備は早めに直すことが重要ですね・・・ »

2006.08.25

どこまで見ればいいか、どこまで評価すればいいかが、ポイントでしょう。

 こんにちは、丸山満彦です。日経BP社で堀江先生のインタビュー記事、「「なぜ必要か」の理解が足りない、利益を生む内部統制を目指せ (前編)」は興味深いですね・・・

 
内部統制.jp
・2006.08.24 堀江日大教授インタビュー 「なぜ必要か」の理解が足りない、利益を生む内部統制を目指せ (前編)

=====
日米ともに、「どこまでやればよいか、という境界をできるだけ明確にしましょう」という話になっているわけです。日本版SOX法の実施基準も、そこが一番の悩みどころでしょう。どこまで見ればいいか、どこまで評価すればいいかが、ポイントでしょう。
=====

実施基準には、これが期待されていますよね。。。。

「米国と同じ」というのであれば、重要性概念からどの程度の評価をすればよいのかは、大体ラインが見えるのですけど・・・

|

« 総務省 目印でネット上の情報流通を制御?の研究 | Main | 気づいている内部統制の不備は早めに直すことが重要ですね・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どこまで見ればいいか、どこまで評価すればいいかが、ポイントでしょう。:

« 総務省 目印でネット上の情報流通を制御?の研究 | Main | 気づいている内部統制の不備は早めに直すことが重要ですね・・・ »