« JIPDEC Pマーク認定事業者等の事故の状況を報告していますね・・・ | Main | 全社的な内部統制の評価を先に実施していなければ、監査人は不適正意見を表明するのか? »

2006.07.16

上場企業から業務を受託している企業は財務報告に係る内部統制の経営者評価と監査の制度対応はできているか?

 こんにちは、丸山満彦です。実施基準は12月にならないとでてこないようなので、実施基準が確定するのを待ってから準備を開始するということはもはやありえない?選択肢となったような気もします。ということで、上場企業は財務報告に係る内部統制の経営者評価の準備を手探りながら進めていくことになるのですが、上場企業だけの問題ではないんですね・・・
 実務界で深刻になりつつある?問題は、上場企業の委託先が準備ができていない・・・ということだったりします。

 
 内部統制部会の報告書
・2005.12.08 財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準のあり方について
 では、
=====
2.財務報告に係る内部統制の評価とその範囲
(1) 財務報告に係る内部統制の有効性の評価
経営者は、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性の観点から必要な範囲について、財務報告に係る内部統制の有効性の評価を行わなければならない。
また、経営者は、評価に先立って、予め財務報告に係る内部統制の整備及び運用の方針及び手続を定め、それらの状況を記録し保存しておかなければならない。
なお、財務報告に係る内部統制の有効性の評価は、原則として連結ベースで行うものとする。
(注) 外部に委託した業務の内部統制については評価範囲に含める。
=====

 と書かれていて、外部に委託した業務の内部統制でも、その業務が評価範囲になれば、評価対象となるのですが、外部委託先に内部統制がなければ、内部統制の不備になってしまい、場合によっては、内部統制は有効でない・・・という意見表明をしなければならないことになりますね。
 今から外部委託先の事業者にも周知しておかないとやばいですよね・・・。

 よくあるのは、年金数理計算の委託や、コンピュータ運用の委託ですね。重要な販売や購買に係るシステムがASPで行われていたり、外部のデータセンタに委託されている場合は、早めにコンタクトをして、対応を検討するほうがよいかもしれませんね・・・

 ちなみに、、、このような事例は海外でもあります。同業の人から教えてもらいました。

■EDGAR
●CHURCHILL DOWNS INCORPORATED社
・・Form10-K 9A as of 2004.12.31

=====
(b) Management’s Report on Internal Control Over Financial Reporting
A material weakness is a control deficiency, or combination of control deficiencies, that results in more than a remote likelihood that a material misstatement of the annual or interim financial statements will not be prevented or detected. Management’s assessment identified the following material weaknesses in the Company’s internal control over financial reporting.
• Supplemental Retirement Plan.
(省略)

Third-Party Service Organizations.
As of December 31, 2004 the Company did not maintain effective control over the effectiveness of controls at two third-party service organizations. The service organizations process all pari-mutuel wagering activity for the Company. Such processes are considered part of the Company’s internal control over financial reporting specifically as to the existence and completeness of pari-mutuel wagering revenues. Management was unable to obtain evidence about the effectiveness of controls over financial reporting at the service organizations. Management’s inability to obtain evidence about the effectiveness of controls over financial reporting at the service organizations represents a control deficiency. This control deficiency did not result in a misstatement to the Company’s historical consolidated financial statements; however, it could result in a misstatement of pari-mutuel wagering revenue that would result in a material misstatement to annual or interim financial statements that would not be prevented or detected. Accordingly, management determined that this control deficiency constitutes a material weakness.

Because of the material weaknesses discussed above, we have concluded that the Company did not maintain effective internal control over financial reporting as of December 31, 2004 based on criteria in Internal Control-Integrated Framework.
=====

【このブログ】
・2006.06.20 米国の場合 IT全般統制に重要な欠陥があった場合

|

« JIPDEC Pマーク認定事業者等の事故の状況を報告していますね・・・ | Main | 全社的な内部統制の評価を先に実施していなければ、監査人は不適正意見を表明するのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上場企業から業務を受託している企業は財務報告に係る内部統制の経営者評価と監査の制度対応はできているか?:

» [SOX]外部に委託した業務の内部統制については評価範囲に含める [主に札幌ではたらく株式会社恵和ビジネス副社長のblog]
ななななな、なんと言うことだ。 まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記: 上場企業から業務を受託している企業は財務報告に係る内部統制の経営者評価と監査の制度対応はできているか? で触れられていたのですが、まだまだ先だと思っていた内部統制について、実は目前に... [Read More]

Tracked on 2006.07.20 05:57

» SAS70と18号(2) [J-SOX法110番]
こんにちは、長谷友春です。 J-SOX法対応でアウトソース先からSAS70報告書や18号報告書が入手できるか検討しなくてはならないケースを具体例に説明したいと思います。 まず、システムの運用保守をアウトソースしているケース。SAPなどのERPパッケージを使っており、基幹シ..... [Read More]

Tracked on 2006.09.25 01:41

« JIPDEC Pマーク認定事業者等の事故の状況を報告していますね・・・ | Main | 全社的な内部統制の評価を先に実施していなければ、監査人は不適正意見を表明するのか? »