« 金融庁 情報セキュリティに関する検討会の概要について | Main | 日本版SOXとIT統制のポイント »

2006.07.24

内部統制ではない業務処理

 こんにちは、丸山満彦です。業務プロセスに係る内部統制を文書化する際に、時々混乱するのが、内部統制手続か、そうではない業務処理手続か・・・ということです。
 営業管理部門の販売アシスタントは、営業担当者から回付されてくる販売伝票に基づき販売システムに販売入力する。販売システムに入力される項目は、販売品目、数量、単価です。販売日は、情報システムにより自動入力され、販売金額及び消費税額は、販売システムにより自動計算されます。

 
論点1:販売日がシステムにより自動入力されるというのは期間帰属についての内部統制といえますか。
(考え方1)販売日がシステムにより自動入力されるというのは「単なる自動化された処理」であって、内部統制手続ではない。
(考え方2)販売日がシステムにより自動入力されることにより期間帰属についての正確性が確保できるので、期間帰属についての「自動化された内部統制手続」である。ただし、この自動化された内部統制手続の有効性を確保するためには、コンピュータ全般内部統制が有効に機能していることが前提となる。

論点2:売上金額及び消費税額が自動計算されるというのは、売上高、消費税金額の正確性についての内部統制といえますか。
(考え方1)売上金額及び消費税額が自動計算されるというのは「単なる自動化された処理」であって、内部統制手続ではない。
(考え方2)売上金額及び消費税額が自動計算されることにより、売上金額及び消費税額の正確性が確保できるので、正確性についての「自動化された内部統制手続」である。ただし、この自動化された内部統制手続の有効性を確保するためには、コンピュータ全般内部統制が有効に機能していることが前提となる。

|

« 金融庁 情報セキュリティに関する検討会の概要について | Main | 日本版SOXとIT統制のポイント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内部統制ではない業務処理:

« 金融庁 情報セキュリティに関する検討会の概要について | Main | 日本版SOXとIT統制のポイント »