« 東京証券取引所 「東証上場会社における適時開示体制の整備に向けての対応状況に関する実態調査報告」を公表 | Main | クレジットカード業界のセキュリティ »

2006.07.02

財務報告に係る内部統制に関する監査意見において、内部統制に重要な欠陥がある旨記載された場合において、当該重要な欠陥があるその翌々年においてもなお改善されず同様の意見が出された場合などには、上場廃止すること等を検討する

 こんにちは、丸山満彦です。東京証券取引所が、2006.06.28に「上場制度総合整備プログラム」を公表しているのですが、その中に、表題なようなことが書いていますね。

 
■東京証券取引所
上場制度総合整備プログラム

=====
■ ■ 企業の内部統制等に問題が生じた場合の対応■ ■
-直ちに実施する事項-

○企業不祥事の防止に向け、関係者の一層の努力を促す方策を実施する。
・企業不祥事の防止は企業自身の意識の向上と公認会計士による財務報告等に関する内部統制監査によって向上が期待されることから、会社法施行の状況や日本公認会計士協会による検討状況を踏まえ、必要な要請を関係各位に実施する。

-具体案の策定に向け問題点の整理を行う事項-
○財務報告に係る内部統制について、監査人から不適正意見又は意見差控えが表明された場合の取扱いについて整理を行う。
・財務報告に係る内部統制に関する監査意見において、内部統制に重要な欠陥がある旨記載された場合において、当該重要な欠陥があるその翌々年においてもなお改善されず同様の意見が出された場合などには、上場廃止すること等を検討する。

-検討に着手する事項-
○証券市場の信頼性を著しく損ねる事案の発生等により、(財務報告以外の)内部統制等に問題が生じていることが明らかになった場合において、取引所として健全な内部統制等の発揮を促す工夫のあり方について会社法の施行の状況を踏まえつつ検討を行う。
・どのような場合に、どのような措置が適当かについて十分検討する必要がある。あわせて、事象によっては、上場廃止基準(公益・投資者保護)の適用により対処することが適当なものがないかも検討を行うこととする。

備考
○上場会社を巡る不祥事全般(例えば談合事件等)について東証がその改善を企業に促す、あるいは罰金等のペナルテイを課すこととしてはどうか。
・法令に基づく行政庁による処分が存在するものは、当事者による対応が基本となるものであり、東証は流通市場の開設者として、証券市場の適切な運営に係る問題を中心に対処することが適当と考える。

|

« 東京証券取引所 「東証上場会社における適時開示体制の整備に向けての対応状況に関する実態調査報告」を公表 | Main | クレジットカード業界のセキュリティ »

Comments

なかなか強烈ですね。まっつ、「直ちに実施する事項」ではないにせよ、今後、不祥事等があって騒ぎになると、格上げされてしまうかもしれませんね。
最近、なんちゃて2.0系の企業と話すことが多いのですが、彼らの殆どは、内部統制に関して全くの無関心であることが気がかりです。

Posted by: shita | 2006.07.03 12:19

shitaさん、コメントありがとうございます。
このブログの
=====
2006.06.19
日本では何パーセントの企業が1年目に「内部統制は有効でない」と意見表明するか?
=====
にも書いていますが、それなりの数の上場企業に内部統制に重大な欠陥がないとおかしな話です。となると、いくつかの企業は上場廃止となっていくのかもしれませんね。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.07.07 01:34

で、それは嫌だからまたまたみんなで嘘をつくのでしょうか。

正直なところ、証券取引所の考え方がよく理解できません。

地べたを這い回っていると「3期無配で監理ポスト」というルールが粉飾決算の原動力となっていることがしみじみ痛感されるのですが、今回も別の種類の嘘をつく原動力を増やしたのではないでしょうか。

上場審査との平仄はあっているのでしょうか。

Posted by: 森亮二 | 2006.07.13 22:28

重複すみません。

しかもダイレクト・レポーティングではないので、監査法人のチェックをかわすのもよりたやすいのではないでしょうか・・・

Posted by: 森亮二 | 2006.07.14 11:57

森先生、コメントありがとうございます。
> ダイレクト・レポーティングではないので、監査法人のチェックをかわすのもよりたやすいのではないでしょうか・・・

 それは言ってはいけないのであります・・・

Posted by: 丸山満彦 | 2006.07.15 19:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 財務報告に係る内部統制に関する監査意見において、内部統制に重要な欠陥がある旨記載された場合において、当該重要な欠陥があるその翌々年においてもなお改善されず同様の意見が出された場合などには、上場廃止すること等を検討する:

» Tokyo Stock Exchange, Inc mentions "Internal Control" in the latest documents [Evolution. From Analog Identity to Federated Services.]
東証が内部統制について言及:上場制度総合整備プログラム [Summary] Tokyo Stock Exchange, Inc. formulated "Development of Comprehensive Improvement Program for Listing System" refering to "Internal Control". It includes strict but considerable practical approaches: "... [Read More]

Tracked on 2006.07.03 12:15

« 東京証券取引所 「東証上場会社における適時開示体制の整備に向けての対応状況に関する実態調査報告」を公表 | Main | クレジットカード業界のセキュリティ »