« 全社的な内部統制の評価を先に実施していなければ、監査人は不適正意見を表明するのか? | Main | 実施基準で検討することになっていること(1)基本的枠組み篇 »

2006.07.18

グレーゾーンが広いと経営者も監査人も困る

 こんにちは、丸山満彦です。現在の「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準のあり方について」に含まれている「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準案(以下、「基準案」という。)」では、あいまいな部分が多いので、実施基準に注目が集まるわけですが、実施基準案の経営者評価のためのクライテリア部分を相当、論理的にかつ詳細に書き込まないと、判断のグレーゾーンがひろがり、経営者も監査人も困ることになるような気がしますね。。。

 
 グレーゾーンが広いクライテリアはクライテリア足りうるのか?という問題はありますが・・・。

 いずれにせよ、実施基準がどれほどグレーゾーンを狭めてくれるのか気になるところですね。
実施基準で検討することは、第12回内部統制部会(17.11.10)配布資料で記載されているので、今からチェックリストを作って、それぞれ検討されたのかどうか確認するようにしておきます(笑)。

資料1  「Ⅰ. 内部統制の基本的枠組み」への意見の概要(PDF:3,597KB)
資料1-2  「Ⅱ. 財務報告に係る内部統制の評価及び報告」への意見の概要(PDF:2,452KB)
資料1-3  「Ⅲ. 財務報告に係る内部統制の監査」への意見の概要(PDF:2,547KB)
資料1-4  「公開草案の公表について」への意見の概要(PDF:1,966KB)

 ついでに、
資料2  財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準(案)(PDF:2,898KB)
資料3  内部統制部会における「実施基準」の検討について(案)(PDF:55KB)

 さらについでに、
議事録

 対応案についてよく見ると以下のパターンがありますね・・・

パターン1:「×××について(は)、実施基準で検討する。」
パターン2:単に、「実施基準で検討する。」
パターン3:「×××の内容を、実施基準で検討する。」
パターン4:「実施基準により内容の明確化を図る。」
パターン5:「×××である旨、実施基準の作成において検討する。」
パターン6:「×××に対応する実施基準を作成・検討する。」
パターン7:「×××、できないか、実施基準で検討する。」
 

|

« 全社的な内部統制の評価を先に実施していなければ、監査人は不適正意見を表明するのか? | Main | 実施基準で検討することになっていること(1)基本的枠組み篇 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference グレーゾーンが広いと経営者も監査人も困る:

» セキュリティ先進国 韓国のセキュリティ製品 [仙台のITベンチャー日記]
Secuve社とKSign社は、セキュリティ先進国の韓国でもそれぞれ、セキュアOS、PKIの分野でトップシェアを持つセキュリティ専業ベンダーで、非常に良い製品をいくつか持っている。 今後トライポッドワークスでは、セキュリティ、ネットワーク、データベース、OSSの分野で安価で使い易いソリューションを充実させて行きたいと思っている。 ... [Read More]

Tracked on 2006.07.19 13:20

« 全社的な内部統制の評価を先に実施していなければ、監査人は不適正意見を表明するのか? | Main | 実施基準で検討することになっていること(1)基本的枠組み篇 »