« 今夏の参院選で電子投票も行える? | Main | COSO 統制活動の種類(例示) »

2006.05.26

経済産業省 第3回ISO/SR(社会的責任)ポルトガル総会の結果概要

 こんにちは、丸山満彦です。経済産業省より「第3回ISO/SR(社会的責任)ポルトガル総会の結果概要」が公表されています。国際規格ISO 26000(社会責任のガイダンス)の第1次作業文書を審議し、第2次案の骨子が採択されたようですね。

 
■経済産業省
・2006.05.26 第3回ISO/SR(社会的責任)ポルトガル総会の結果概要について
・・第3回ISO/SR(社会的責任)ポルトガル総会の結果概要について
 
 社会的責任の定義と範囲について合意がついたようですね。

=====
(SRの定義)
 社会及び環境に対する活動の影響に責任を果たす組織の行動。それらの行動は、社会の関心及び持続的発展と整合のとれたものであり、倫理行動、遵法性及び政府間文書に基礎をおいたものであり、かつ、組織の既存の活動と一体化したものであるとする。

(SRの範囲)
 (1) 環境
 (2) 人権
 (3) 労働慣行
 (4) 組織的な管理
 (5) 公正ビジネス慣行/市場ルール
 (6) コミュニティ参画/社会開発
 (7) 消費者課題
=====

|

« 今夏の参院選で電子投票も行える? | Main | COSO 統制活動の種類(例示) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 経済産業省 第3回ISO/SR(社会的責任)ポルトガル総会の結果概要:

« 今夏の参院選で電子投票も行える? | Main | COSO 統制活動の種類(例示) »