« 内部統制 英国の場合 | Main | ISACA パブコメ IT Control Objectives for SOX 2nd Edition »

2006.05.02

テロ対策? 東京メトロ霞ケ関駅で顔面情報マッチング実験?

 こんにちは、丸山満彦です。東京メトロの千代田線霞ヶ関駅改札口で、5月1日から19日まで、顔面認証の実験をしているようですね。

【報道】
●2006.05.01
・朝日新聞 テロ対策などの「顔認証」実験、1日午後から霞ケ関駅で
・産経新聞 あの顔・・・!機械の目が逃さない 霞ケ関駅で認証実験
●2006.04.28
・西日本新聞 霞ケ関駅で監視カメラ実験 顔で認証、反対の声も
 
西日本新聞の報道によると
=====
実験は5月1日から19日まで、平日の午後2時から約1時間実施。特定の改札口を使い一般乗客は撮影せず、関係者だけで実験する。7月をめどに結果を分析し、国交省などに報告する方針。
=====
ということですから、一般の人の顔写真が撮られるわけでは無いようですね。
認証技術を使ったマッチングの実験というのかなぁ・・・。

【参考】
●財団法人 運輸政策研究機構
目的・事業・沿革等
役員名簿
役員給与規程
役員退職慰労金支給規程
・平成16年度の事業報告等
・・事業報告書
・・収支計算書
・・正味財産増減計算書
・・貸借対照表
=====
会長、副会長、理事長、監事などは運輸省関係の公務員退職者ですね。
役員給与は月額95万円までですが、夏、年末、年度末に3回の賞与(予算の範囲内)が支払われるようですね。
役員退職慰労金(給与の後払い的なものでしょうか・・・)は、在職1年につき、退任等の日におけるその者の本俸月額に100分の240から100分の360までの範囲内で支払われるようですね。
平成16年度の役員報酬は事業費と管理費をあわせると3億5000万円弱のようですね。
=====

東京メトロ

監視社会を拒否する会
1/27 国土交通省に「顔認証システム」実験中止を申し入れ
・・国土交通大臣あて申入書
・・記者会見
=====
吉川春子参院議員(共産党)
=あたかも一つの企業の事務所の出入りをチェックするような感覚で駅にカメラをつけようとしている」と国土交通省側の人権感覚の欠如を批判
保坂展人衆院議員(社民党)
=どういう根拠でこの実験を行うのか。取得された映像はどうなるのか。衆議院法務委員会で追及したい
伊藤成彦教授
=テロ対策の名前で実験が行われるが、イラクから自衛隊を撤退させるとかテロを受けない政策を考えるべきだ
北野弘久名誉教授
=今回の実験を既成事実として、顔認証システムが鉄道会社に簡単に導入されてしまうのは恐ろしいことだ
渡辺千古・永見寿実両弁護士
=今回の実験は民間の地下鉄のカメラだから法的に問題ないという国交省側の主張は、「何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼう・姿態を撮影されない自由を有する」とした最高裁判決に照らしてもおかしい
田島泰彦教授
=国民の権利(肖像権)を侵害する重大な憲法違反が一省庁の判断で勝手に進められている。実験の中止をあくまでも要求していく
=====

|

« 内部統制 英国の場合 | Main | ISACA パブコメ IT Control Objectives for SOX 2nd Edition »

Comments

実は昔、画像認識の研究をやっていまして純粋に?技術的な興味があります。私がやっていたのは10年以上前なので、それから技術的な進歩があったのか否か。

ただ、実験としてみた場合、一般人は写さないということはその改札は午後2時から1時間の間、関係者しか通らないということなんですかね?
そうなると実際の改札で実験をやる意味って??
帽子やサングランスしても判別できるかってそりゃぁ無理じゃないか?などなど、いろいろな疑問点が沸いてくるのも確かですが。。。

Posted by: 240s | 2006.05.02 at 09:05

顔の認証というか、照合についてはアメリカのイミグレーションなんかでは既にやってますよね。
9.11の後でテロリスト対策として導入がされていますが、この場合には帽子とかサングラスは
外されますよね。

顔を本人認証に使うのが目的というよりも、指名手配犯とかを発見をしたいのでしょうが、変装、サングラス、整形などがあった場合でも照合が確実に出来るとは思えないので、改札でやる目的が分からないですね。もしかして、東京メトロに乗るときは、帽子・サングラス・マスク(花粉症とか風邪とか)は禁止になるのでしょうか?

Posted by: なかじま | 2006.05.02 at 11:27

240sさん、中島さん、コメントありがとうございます。
実験の趣旨などが、実施側から詳細に説明されているウェブページなどが見つからないので、なんとも言えない部分があるのですが・・・
 実際の現場で顔面による認証(照合?)ができるのかどうか、たとえば雑踏の中でとか・・・というのがあるのかもしれませんね。
 実験する側も善良な国民を監視しようと思っていないと思うのですが、、、説明が適切にされないとかえって国民は心配になりますよね・・・。この手の問題は、政府と国民の間の信頼が問われていると思うんですよね。ちょっと面倒かも知れませんが、国民にわかりやすい説明をすることが必要なのかも知れませんね。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.05.02 at 21:27

(面識がないので…コメントをつけるのに躊躇があるのですが…)

かなり前にどこかのニュース番組でその件について報道していました。そこでは、帽子をかぶり、サングラス(真っ黒と言う訳ではなく、茶色がかったレンズといった感じ)をかけ、ウィッグをつけてテストしたところ、事前に登録した素顔とマッチングして認識されていました。

報道の中では、目的としては、指名手配犯やテロ犯を検知することだということで、ちかく地下鉄で実際にテストする、ということでしたが、とうとう始まったのですね。しかも、毎日使っている改札なのに、全然気づいていませんでした…。特に、実験中等の掲示もなかったと思います。その点については、あまりいい心象は得られないですね。

Posted by: なみねこ | 2006.05.11 at 11:53

なみねこさん、コメントありがとうございます。サングラスをかけていても認識できるのであれば、サングラスは使用禁止にはならないようですね。
 国の税金で行っているわけですから、説明責任を問われるかもしれませんね。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.05.11 at 19:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/9859625

Listed below are links to weblogs that reference テロ対策? 東京メトロ霞ケ関駅で顔面情報マッチング実験?:

» 顔認証実験開始〜取材は拒否?! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
5月1日開始された顔認証システム実験(朝日新聞←)について,取材しようとしたら,拒否されたという記事がここ←に掲載されています。 少し引用すると, 【霞ケ関の顔貌認識実験ですが、5/2 1400からの実験を取材しにいきました。そこで驚くべき体験をしましたのでレポートします。現場である千代田線イイノホール側改札につき、手持ちのコンパクトデジカメで撮影をはじめると、いきなり制止。 ... [Read More]

Tracked on 2006.05.03 at 23:57

« 内部統制 英国の場合 | Main | ISACA パブコメ IT Control Objectives for SOX 2nd Edition »