« 金融商品取引法 テキスト | Main | 財務報告に係る内部統制と情報セキュリティの関係はどうなるの »

2006.04.07

公認会計士協会 「IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」及び「IT委員会研究報告第31号「IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」Q&A」を公表

 こんにちは、丸山満彦です。日本公認会計士協会から、「IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」及び「IT委員会研究報告第31号「IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」Q&A」が公表されたようですね。ながっ・・・

 
日本公認会計士協会
・2006.04.04 「IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」の一部改正」の公表について
・2006.04.04 IT委員会研究報告第31号「IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」Q&A」の公表について

公表は、2006.04.04ですが、理事会決定は、2006.03.17です。
会計士でない人は、リンク先に飛んでも中身みれないんですよね・・・。なんともね・・・。
で、入手しようとすると・・・


IT委員会報告第3号

提供媒体

会員・準会員価格

外部一般価格

紙媒体

2,120

3,620

F D

3,120

5,620

セット(紙媒体+FD)

3,620

6,620

常務理事前書文+本文=31頁(140KB)
郵送の場合は、上記価格に送料・手数料500円が加算される。


IT委員会研究報告第31号

提供媒体

会員・準会員価格

外部一般価格

紙媒体

1,160

4,160

F D

1,160

6,160

セット(紙媒体+FD)

2,320

7,160

常務理事前書文+本文=58頁(188KB)
郵送の場合は、上記価格に送料・手数料500円が加算される。

うーん。

=====
JICPAジャーナル平成18年6月号<平成18年5月15日発売予定、定価1,650円(税込、送料別)>に掲載を予定しております。
=====

ということのようですから、もうしばらくお待ちください。

【参考】
・2006.04.01 JICPA 監査基準委員会等報告 新基準・基準改正・パブコメ
・2006.02.23 JICPA パブコメ IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」の一部改正
・2006.01.28 JICPA 監査基準の改正に伴う委員会報告書の改正についての公開草案
・2005.12.23 JICPA パブコメ IT委員会研究報告第31号「IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」Q&A」

|

« 金融商品取引法 テキスト | Main | 財務報告に係る内部統制と情報セキュリティの関係はどうなるの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公認会計士協会 「IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」及び「IT委員会研究報告第31号「IT委員会報告第3号「財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について」Q&A」を公表:

« 金融商品取引法 テキスト | Main | 財務報告に係る内部統制と情報セキュリティの関係はどうなるの »