« 会社法の施行日 | Main | 「資産の保全」と他の目的との関係、「ITへの対応」と他の基本的要素との関係 »

2006.03.30

会社法施行規則の改正

 こんにちは、丸山満彦です。会社法施行規則が一部改正されていますね。かなりの数です。バグとりといったところでしょうか。
 内部統制に関係しそうな部分にも変更がありますね。

 
官報
・平成18年3月29日付(号外 第70号)
○非訟事件手続法による財産管理の報告及び計算に関する書類並びに財産目録の謄本又は株主表の抄本の交付に関する手数料の件の廃止等をする省令(法務二八) ……… 3

=====
第百十二条第一項第五号を削り、同条第二項に次の一号を加える。
五 当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

第百十三条第一号中「執行役」を「取締役、執行役」に改め、
同条第二号イ]中「執行役又は」を「取締役、執行役又は」に、「当該執行役」を「当該取締役若しくは執行役」に改める。

第百十五条第二号中「執行役」を「取締役又は執行役」に改める。

第百十八条第二号中「内容」の下に「の概要」を加える。
=====

とりあえず第百十二条と第百十八条の新旧対比表をつくりました。

現行

改訂

第九節 委員会及び執行役

第九節 委員会及び執行役

第百十二条 法第四百十六条第一項第一号ロに規定する法務省令で定めるものは、次に掲げるものとする。

一 監査委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項

二 前号の取締役及び使用人の執行役からの独立性に関する事項

三 執行役及び使用人が監査委員会に報告をするための体制その他の監査委員会への報告に関する体制

四 その他監査委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

五 当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

第百十二条 法第四百十六条第一項第一号ロに規定する法務省令で定めるものは、次に掲げるものとする。

一 監査委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項

二 前号の取締役及び使用人の執行役からの独立性に関する事項

三 執行役及び使用人が監査委員会に報告をするための体制その他の監査委員会への報告に関する体制

四 その他監査委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

 

2 法416条第1項第1号ホに規定する法務省令で定める体制は、次に掲げる体制とする。

一 執行役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

二 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

三 執行役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

四 使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

 

 

2 法416条第1項第1号ホに規定する法務省令で定める体制は、次に掲げる体制とする。

一 執行役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

二 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

三 執行役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

四 使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

五 当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

第二節 事業報告

第二款 事業報告等の内容

第二節 事業報告

第二款 事業報告等の内容

(事業報告の内容)

第百十八条 事業報告は、次に掲げる事項をその内容としなければならない。

 一 当該株式会社の状況に関する重要な事項(計算書類及びその附属明細書並びに連結計算書類の内容となる事項を除く。)

 二 法第三百四十八条第三項第四号、第三百六十二条第四項第六号並びに第四百十六条第一項第一号ロ及びホに規定する体制の整備についての決定又は決議があるときは、その決定又は決議の内容

(事業報告の内容)

第百十八条 事業報告は、次に掲げる事項をその内容としなければならない。

 一 当該株式会社の状況に関する重要な事項(計算書類及びその附属明細書並びに連結計算書類の内容となる事項を除く。)

 二 法第三百四十八条第三項第四号、第三百六十二条第四項第六号並びに第四百十六条第一項第一号ロ及びホに規定する体制の整備についての決定又は決議があるときは、その決定又は決議の内容の概要

|

« 会社法の施行日 | Main | 「資産の保全」と他の目的との関係、「ITへの対応」と他の基本的要素との関係 »

Comments

112条のほうは、法務省の担当者の「コピペミス」なんじゃないかと思います。

118条は、省令案では「概要」となっていたのが、省令では「内容」となっていたのでヘンだなあと思っていたんですが、今度は「内容の概要」。。。いったいこれはどういう意味なんでしょうか?

Posted by: 又八郎 | 2006.04.11 16:37

又八郎さん、コメントありがとうございます。法律も条文数が多くなると、コンピュータのプログラムと同様にバグがでるようですね。オープンソースなので、いろいろな人がチェックしてバグを取っていくのだろうと思います。

Posted by: 丸山満彦 | 2006.04.12 09:57

割り込み失礼します。
>度は「内容の概要」。。。いったいこれはどういう意味なんでしょうか?
監査役協会か取締役協会の(うろ覚えで申し訳ないのですが)パブコメで、
「決議の内容」だけだと、決議の過程も詳細に報告しなければならないことを回避するため、「の概要」の付記を要請した、と記憶しています。
日本語としてはヘンですけど。

Posted by: チョー | 2006.04.14 13:54

チョーさん、コメントありがとうございます。
取締役協会からのコメントです。
●このブログ
・2006.01.11 会社法 法務省令に対する意見
・・日本取締役協会
・・・意見

Posted by: 丸山満彦 | 2006.04.14 15:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 会社法施行規則の改正:

« 会社法の施行日 | Main | 「資産の保全」と他の目的との関係、「ITへの対応」と他の基本的要素との関係 »