« ロレアル ザ・ボディショップを買収 | Main | IPA Winny119番設置 »

2006.03.20

八田先生の記事 2

 こんにちは、丸山満彦です。日経BP社のITマネジメントに八田先生の日本版SOXについてのインタビュー記事があります。3月1日に公開されたものの後編です。すでに9日に公開されていましたね・・・

 内部監査の重要性に触れていますね・・・

 
■日経BP ITマネジメント
・2006.03.01 内部統制とは企業経営そのものである(前編)
・2006.03.09 内部統制とは企業経営そのものである(前編)

 気になるのは、私が前から指摘している通り、

 ●内部監査の重要性が高まること

 を八田先生も指摘していることですね・・・。

 内部監査部門の量と質の充実がこれから多くの企業で課題となるでしょうね・・・。ITの対応も急がないとだめ・・・という記事も多いですが、内部監査部門の充実はもっと急いだほうがよいかもしれません。

【参考】
このブログ
・2006.02.18 少なくとも重要な不備とみなさなければならない場合 PCAOB 監査基準書第2号第140項
 PCAOBでは、「内部監査機能やリスク評価機能が有効でない場合」は少なくとも重要な不備(注目すべき不備と訳すべきでないかと最近思っていますが・・・)、重大な欠陥の徴候とみなさなければならない状況と指摘しています。

・2006.02.13 監査人以外の他の人の作業の利用 PCAOB 監査基準書第2号
 外部監査人は、内部監査人の監査結果については一定の条件はあるものの、監査人以外の他の人の作業として利用することができることになるので、内部監査の結果に依拠できれば、監査報酬は減少する。

・2006.02.09 外部監査人は自己評価の結果を利用できない PCAOB 監査基準書第2号第126項

・2006.02.09 外部監査人は内部監査人の結果を利用できる PCAOB 監査基準書第2号第121項


|

« ロレアル ザ・ボディショップを買収 | Main | IPA Winny119番設置 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八田先生の記事 2:

« ロレアル ザ・ボディショップを買収 | Main | IPA Winny119番設置 »