« 日経金融新聞 日本版内部統制の評価と監査制度の導入時期 | Main | 環境変化への対応 »

2006.01.19

証券取引所のサービスレベル

 こんにちは、丸山満彦です。証券取引所のサービスの一つに証券の売買を成立させることがあると思うのですが、前回はシステム障害で、今回はシステム取引量が処理能力を超えそうになったために20分前に取引を中止しましたね。

 
 手作業であろうがITシステム処理であろうが、一定数以上の処理はできないわけです。処理能力を増強するためには、時間がかかるので、目標となる処理能力を定め、計画をしてシステム導入を行うわけですが、想定外の事態で処理能力を超えることがありますね。
 もちろん、想定ミス(つまりは、経営判断ミスになるとは思いますが・・・)を100%防ぐことはできないわけです。証券取引所のサービスレベルは100%保証が目標なのか、99.9999%が目標なのか・・・、99.9%が目標なのか・・・。

 その点をはっきりさせたほうがよいかもしれませんね。

 事業継続を考える際にも、役に立つかもしれません。

|

« 日経金融新聞 日本版内部統制の評価と監査制度の導入時期 | Main | 環境変化への対応 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/8229698

Listed below are links to weblogs that reference 証券取引所のサービスレベル:

« 日経金融新聞 日本版内部統制の評価と監査制度の導入時期 | Main | 環境変化への対応 »