« 2005年 インターネットにおける脆弱性トップ20リスト | Main | MS06-001 : WMF脆弱性用パッチをリリース »

2006.01.06

日本医師会 患者紹介を電子化

 こんにちは、丸山満彦です。日本医師会は加盟医師間で、電子署名を使い患者を紹介しあうシステムを今月から運用するようですね。

 
■日経新聞
・2006.01.06 日本医師会、患者紹介を電子化・「署名システム」導入
=====
医師は患者を他の医師に診てもらったほうがいい場合などに、パソコンで署名入り紹介状と簡易カルテを書き込み送付する。相手の医師は専用ソフトを使い、紹介状を書いた医師名や所属医療機関を照合・確認する。
=====
 日本医師会がこのようにPKIを導入することで、医療現場でのIT化が進むということがポイントのようです。記事を読む限り、
=====
インターネット上で紹介状データのやりとりや本人確認を実施し、スムーズに紹介できるようにする。
=====
というのがメリットのようですね。

簡単な紹介には良いのかもしれませんね。

|

« 2005年 インターネットにおける脆弱性トップ20リスト | Main | MS06-001 : WMF脆弱性用パッチをリリース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/8026251

Listed below are links to weblogs that reference 日本医師会 患者紹介を電子化:

« 2005年 インターネットにおける脆弱性トップ20リスト | Main | MS06-001 : WMF脆弱性用パッチをリリース »