« 会社法 法務省令に対する意見 | Main | 個人情報漏えい従業員に罰則<=自民党案? »

2006.01.12

統制上の要点、経営者の主張

 こんにちは、丸山満彦です。ある会合で、「統制上の要点」、「経営者の主張」といった話が出てきましたので、まとめておきます。 

「財務報告に係る内部統制の評価及び監査」において、経営者が業務プロセスに係る内部統制の評価を行うにあたり、統制上の要点について内部統制の基本的要素が機能していることを評価しなければなりません。統制上の要点とは次のように説明されています。

=====
(3) 業務プロセスに係る内部統制の評価
 経営者は、全社的な内部統制の評価結果を踏まえ、評価対象となる内部統制の範囲内にある業務プロセスを分析した上で、財務報告の信頼性に重要な影響を及ぼす統制上の要点(以下「統制上の要点」という。)を選定し、当該統制上の要点について内部統制の基本的要素が機能しているかを評価する。

(4) 内部統制の有効性の判断
 経営者は、財務報告に係る内部統制の有効性の評価を行った結果、統制上の要点等に係る不備が財務報告に重要な影響を及ぼす可能性が高い場合は、当該内部統制に重要な欠陥があると判断しなければならない。
=====

経営者が評価する「統制上の要点」は、監査人から見ると「経営者の主張」となります。監査委員会報告書第28号「監査リスク」では、経営者の主張を次のように説明しています。

=====
監査基準委員会報告書第28号 監査リスク 
平成17年3月31日 日本公認会計士協会

Ⅲ 経営者の主張
3.経営者は、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、企業の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示する財務諸表を作成する責任を有している。財務諸表が全体として適正であるためには、財務諸表の基礎となる取引や会計事象等の構成要素の認識、測定、表示及び開示に関して、一定の要件(例えば、実在性や網羅性)が充足されていることが必要である。
経営者が適正な財務諸表を作成していると表明することは、明示的か否かにかかわらず、財務諸表の基礎となる取引や会計事象等の構成要素がこの要件を充足していると経営者が主張していることに他ならない。このような経営者による主張は、国際的な監査基準においてはアサーションという用語により説明されているが、監査基準委員会報告書においては「経営者の主張」という。
=====

で、経営者の主張の種類は次のようになります。

=====
監査基準委員会報告書第31号 監査証拠 
平成17年3月31日 日本公認会計士協会

17.監査人が利用する経営者の主張は、次のように分類される。
(1) 監査対象期間の取引や会計事象に係る経営者の主張

①発生

記録された取引や会計事象が発生し企業に関係していること

②網羅性

記録すべき取引や会計事象がすべて記録されていること

③正確性

記録された取引や会計事象に関して金額や他のデータが正確に記録されていること

④期間帰属

取引や会計事象が正しい会計期間に記録されていること

⑤分類の妥当性

取引や会計事象が適切な勘定科目に記録されていること

(2) 期末の勘定残高に係る経営者の主張

①実在性

資産、負債及び資本が実際に存在すること

②権利と義務

企業は資産の権利を所有しており、負債は企業の債務であること

③網羅性

記録すべき資産、負債及び資本がすべて記録されていること

④評価と期間配分

財務諸表に含まれる資産、負債及び資本が適切な金額で記録され、評価又は期間配分に係る修正が適切に記録されていること

(3) 表示と開示に係る経営者の主張

①発生及び権利と義務

開示されている取引、会計事象及びその他の事項が発生し企業に関係していること

②網羅性

財務諸表に開示すべき事項がすべて開示されていること

③分類と明瞭性

財務情報が適切に表示され開示が明瞭であること

④正確性と評価

財務その他の情報が適正かつ適切な額で開示されていること

=====

国際会計士連盟のものも見ておきましょう。

=====
ISA500 AUDIT EVIDENCE

17. Assertions used by the auditor fall into the following categories:
(a) Assertions about classes of transactions and events for the period under audit:

(i) Occurrence

transactions and events that have been recorded have occurred and pertain to the entity.

(ii) Completeness

all transactions and events that should have been recorded have been recorded.

(iii) Accuracy

amounts and other data relating to recorded transactions and events have been recorded appropriately.

(iv) Cutoff

transactions and events have been recorded in the correct accounting period.

(v) Classification

transactions and events have been recorded in the proper accounts.

(b) Assertions about account balances at the period end

(i) Existence

assets, liabilities, and equity interests exist.

(ii) Rights and obligations

the entity holds or controls the rights to assets, and liabilities are the obligations of the entity.

(iii) Completeness

all assets, liabilities and equity interests that should have been recorded have been recorded.

(iv) Valuation and allocation

assets, liabilities, and equity interests are included in the financial statements at appropriate amounts and any resulting valuation or allocation adjustments are appropriately recorded.

(c) Assertions about presentation and disclosure:

(i) Occurrence and rights and obligations

disclosed events, transactions, and other matters have occurred and pertain to the entity.

(ii) Completeness

all disclosures that should have been included in the financial statements have been included.

(iii) Classification and understandability

financial information is appropriately presented and described, and disclosures are clearly expressed.

(iv) Accuracy and valuation

financial and other information are disclosed fairly and at appropriate amounts.

=====

米国基準ではどうでしょうか・・・

=====
AU Section 326 Evidential Matter

Assertions are representations by management that are embodied in financial statement components. They can be either explicit or implicit and can be classified according to the following broad categories:

Existence or occurrence

Assertions about existence or occurrence address whether assets or liabilities of the entity exist at a given date and whether recorded transactions have occurred during a given period. For example, management asserts that finished goods inventories in the balance sheet are available for sale. Similarly, management asserts that sales in the income statement represent the exchange of goods or services with customers for cash or other consideration.

Completeness

Assertions about completeness address whether all transactions and accounts that should be presented in the financial statements are so included. For example, management asserts that all purchases of goods and services are recorded and are included in the financial statements. Similarly, management asserts that notes payable in the balance sheet include all such obligations of the entity.

Rights and obligations

Assertions about rights and obligations address whether assets are the rights of the entity and liabilities are the obligations of the entity at a given date. For example, management asserts that amounts capitalized for leases in the balance sheet represent the cost of the entity's rights to leased property and that the corresponding lease liability represents an obligation of the entity.

Valuation or allocation

Assertions about valuation or allocation address whether asset, liability, equity, revenue, and expense components have been included in the financial statements at appropriate amounts. For example, management asserts that property is recorded at historical cost and that such cost is systematically allocated to appropriate accounting periods. Similarly, management asserts that trade accounts receivable included in the balance sheet are stated at net realizable value. [As amended, effective for engagements beginning on or after January 1, 1997, by Statement on Auditing Standards No. 80.]

Presentation and disclosure

Assertions about presentation and disclosure address whether particular components of the financial statements are properly classified, described, and disclosed. For example, management asserts that obligations classified as long-term liabilities in the balance sheet will not mature within one year. Similarly, management asserts that amounts presented as extraordinary items in the income statement are properly classified and described.

=====

IT内部統制の評価については、どうするのか・・・

IT委員会報告書第3号 財務諸表監査における情報技術(IT)を利用した情報システムに関する重要な虚偽表示リスクの評価及び評価したリスクに対応する監査人の手続について
平成17年7月6日 日本公認会計士協会

では、ITコントロール目標の「例」と次のようにあげています。「例」ですけどね、「例」・・・

=====

①準拠性

情報が会計原則、会計基準、関連する法律及び社内規則等に合致して処理されていること

②網羅性

情報が漏れなくかつ重複なく記録されていること

③可用性

情報が必要とされるときに利用可能であること

④機密性

情報が正当な権限者以外に利用されないように保護されていること

⑤正確性

情報が正確に記録され、提供されていること

⑥維持継続性

必要な情報が正確に更新されかつ継続使用が可能なこと

⑦正当性

情報が正規の承認手続を経たものであること

=====

で、ITのコントロール目標が上記の経営者の主張のどれを達成するのかを評価する・・・

=====
【参考】
東京証券取引所 適時開示 プロセス要点内容

情報収集プロセス

a.迅速性

適時開示すべき情報を迅速に収集する。

b.網羅性

適時開示すべき情報を網羅的に収集する。

分析・判断プロセス

c.適時性

適時開示すべき情報を適時に開示できるよう開示業務を管理する。

d.適法性

適時開示規則、関連諸法令等を遵守順守して適時開示業務を実施する。

e.正確性

適時開示すべき情報の正確性を確保する。

f.公式性

情報の正確性や適法性に加えて、開示資料の内容の十分性、明瞭性等を確認した上で、会社としての公式な承認・決定等を行う。

公表プロセス

g.公平性

開示資料の公表にあたり、公平性に配慮する。

h.積極性

開示資料の公表にあたり、積極的に対応する。

=====

|

« 会社法 法務省令に対する意見 | Main | 個人情報漏えい従業員に罰則<=自民党案? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 統制上の要点、経営者の主張:

« 会社法 法務省令に対する意見 | Main | 個人情報漏えい従業員に罰則<=自民党案? »