« 米国ChoicePoint個人情報流出 罰金1500万ドルでFTCと和解 | Main | 内部統制 いきなり文書化をしてはまずいと思う »

2006.01.28

公認会計士協会 監査基準の改正に伴う委員会報告書の改正についての公開草案

 こんにちは、丸山満彦です。日本公認会計士協会が、2005.03.31に公表した監査基準委員会報告書の改正案についてパブリックコメントを受け付けていますね。

 
■日本公認会計士協会
・ 2006.01.26 「監査基準委員会報告書第27号「監査計画」、同第28号「監査リスク」、同第29号「企業とその環境の理解及び重要な虚偽表示リスクの評価」、同第30号「評価したリスクに対応する監査人の手続」及び同第31号「監査証拠」の一部改正」(公開草案)の公表について

常務理事前書文
公開草案の概要

監査基準委員会報告書の改正案
・第27 号 監査計画
・第28 号 監査リスク
・第29 号 企業とその環境の理解及び重要な虚偽表示リスクの評価
・第30 号 評価したリスクに対応する監査人の手続
・第31 号 監査証拠

 経営者の主張についての修正が少しわかりづらいのでよく読んでみることにします。

 「経営者の主張ごとの重要な虚偽表示リスク」というのが、「財務諸表項目レベルの重要な虚偽表示リスク」と置き換えられていますね。実務的にはあまり影響がないかなぁ・・・

 実務的には、財務諸表項目レベルで経営者の主張ごとに重要な虚偽表示リスクを考えるわけですから・・・

 これが、確定すると、IT委員会報告書第3号も改定されるのでしょうね・・・


■このブログ
・2005.11.12 監査基準の改訂の話
・2005.07.30 金融庁 パブコメ 監査基準等の改定案


■金融庁
・2005.10.28 企業会計審議会の意見書の公表について
・・監査基準の改訂に関する意見書 (PDF:237KB)
・・中間監査基準の改訂に関する意見書 (PDF:222KB)
・・監査に関する品質管理基準の設定に係る意見書 (PDF:229KB)



このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。


|

« 米国ChoicePoint個人情報流出 罰金1500万ドルでFTCと和解 | Main | 内部統制 いきなり文書化をしてはまずいと思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公認会計士協会 監査基準の改正に伴う委員会報告書の改正についての公開草案:

« 米国ChoicePoint個人情報流出 罰金1500万ドルでFTCと和解 | Main | 内部統制 いきなり文書化をしてはまずいと思う »