« 金融庁 財務報告に係る内部統制の評価及び監査基準(案) パブコメ反映後速報 | Main | 監査基準の改訂の話 »

2005.11.11

「元祖CSR」、ブームに苦言 ザ・ボディショップ

 こんにちは、丸山満彦です。2005.11.10の日経新聞夕刊に「元祖CSR」、ブームに苦言という記事がありました。偽者CSRが跋扈するので、本物CSRの企業が偽者CSRと同等扱いされて困っているのかもしれませんね。

 
 ザ・ボディショップ(英国)の非常勤取締役 アニータ・ロディック氏の言葉を記事から拾ってみます。

活動家だったから、店は人権などのアイデアを流通させるパイプのようなものだった。

会社のPR戦略にすぎないものが多い。もっと貧困撲滅という根本問題にかかわるべきだ。

歴史的にみると、いい企業というのは、利益上げ、それを社会に還元してきた。問題は利益の上げ方。

社員の自尊心を損なわず、環境を破壊せず、商品の生産によって人権を損なわないことが大事。そうして職場に誇りをもった社員は会社にとって"大使"のような存在になってくれるのです。

 信念がないと社会から見ると単なるPR戦略と写るのかもしれませんね。「活動家だったから・・・」という言葉が印象的です。

 貧困撲滅にどこまで貢献できているかは知りませんが私も毎年少しずつ寄付をしています。会社でする前に、個人でもやってみてはどうでしょうか。

日本赤十字社
日本フォスタープラン協会

とか・・・いろいろありますね。

難しく考えずに自分なりの表現で貢献できればよいと思っています。




このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 金融庁 財務報告に係る内部統制の評価及び監査基準(案) パブコメ反映後速報 | Main | 監査基準の改訂の話 »

Comments

丸山 様

夏井です。

この「活動家」はどういう英語を訳したのか分かりませんが,たぶん誤訳であるか,少なくとも不適切な訳ではないかと思います。

最近の新聞などでよくあるタイプの間違いですね。

Posted by: 夏井高人 | 2005.11.11 07:52

夏井先生、コメントありがとうございます。「活動家」の意味は、政治的な活動家ではなくて、「考えるよりも積極的に活動するタイプの人間だった」という意味だろうなぁ・・・と思っています。

Posted by: 丸山満彦 | 2005.11.11 08:33

丸山 様

夏井です。

もとの英語の単語は何種類か推測できますが,いずれも「活動家」では適訳ではないように思います。

日本語の「活動家」は,もともとは中立的な意味しかなかったんだろうと思いますが,様々な歴史上の不幸な出来事を経て,現時点では,「公安当局から目をつけられている人々」という印象を与えるような言葉になってしまいました。少なくとも,そのような印象を受ける読者はかなり多数存在すると思います。

したがって,新聞がそのような訳語を安易に用いると,「否定的な意味でその人物をとらえている」というようなミスリーディングを招いてしまう危険性があるように思います。

「言葉」は,難しいものですね。^^;

Posted by: 夏井高人 | 2005.11.11 08:40

activistって自分で名のっている方ですが。

Posted by: けったいな人 | 2005.11.12 08:07

けったいな人さん こんにちは。
先年,米国のプライバシー保護関係のレポートを訳する仕事をしていた際,activistという単語が何度も出てきたので,米国連邦政府の関係者や米国人弁護士やFBI関係の人など多数からその語感について色々と教えてもらいました。

結論は全員同じで,「activistは,現実にしつこすぎて嫌われることが多いけれども,activistであることをマイナスイメージでとらえて理解し,そのように翻訳すると,学者としても弁護士としても政府の人間としても失格」だそうです。

Posted by: 夏井高人 | 2005.11.12 17:53

夏井先生

ご指摘の点は十分わかっていますし、適切な訳ではないでしょう。でも、原語をきちんと指摘せずに、誤訳だとか云々するのは、あまりよいこととは思われません。それに、activistが
>「考えるよりも積極的に活動するタイプの人間だった」
というのは、違うはずです。

#自分でマイナスイメージのレッテルを名のる人はいないと思うので、自称しているというのは、一つのポイントだと思ったのですが。

Posted by: けったいな人 | 2005.11.13 12:48

けったいな人さん こんばんは。

ご意見は分かりますが,明らかに「誤訳」です。

この文脈においては,原文がどのような語であったとしても「活動家」をあてるのは正しくないです。

Posted by: 夏井高人 | 2005.11.13 23:22

夏井先生、けったいな人さん、コメントありがとうございます。

活動家の原語がactivistであろうと思いながらの発言でしたが、新聞の記事なので本当の原語がわからずに論点を振りまいてしまい、申し訳ないです。
 しかも、ウェブにアクセスできる時間が少なくて内容も確認できていませんでした。
 この点については、私がもう少ししらべておきます。すみません。
 では、これからもよろしくお願いします。

Posted by: 丸山満彦 | 2005.11.14 05:28

Anitaさんですけど
http://www.thebodyshopinternational.com/web/tbsgl/about_where.jsp#seventies
からいくと、グリーンピースとかと仲の良かった感じですね。

http://www.thebodyshopinternational.com/web/tbsgl/about_people_who_anita.jsp
では、ILOでも働いていたと。

私的には、VIP(http://www.axn.co.jp/tvseries/vip.html)
のパメラアンダーソンが熱心な動物保護の活動家だったりというのにも興味を引かれています。

Posted by: ミスターIT | 2005.11.22 15:45

ミスターITさん、コメントありがとうございます。
机上だけでなく、実践をする人って尊敬できます。なかなか、できませんね。

Posted by: 丸山満彦 | 2005.11.23 02:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「元祖CSR」、ブームに苦言 ザ・ボディショップ:

« 金融庁 財務報告に係る内部統制の評価及び監査基準(案) パブコメ反映後速報 | Main | 監査基準の改訂の話 »