« 米国 RFID付きパスポート発行へ | Main | 企業文化にもっとフォーカスを当てるべきでしょうね »

2005.10.31

スパイウェア対策ガイドライン

 こんにちは、丸山満彦です。米国のAnti-Spyware Coalition(ASC)が、スパイウェアの定義とスパイウェア対策Tipsを公表したようですね。

 
■Anti-Spyware Coalition
・2005.10.27 Anti-Spyware Coalition Definitions and Supporting Documents
・・Definitions and Supporting Documents
・・Vendor Dispute
・・Glossary
・・Safety Tips
・・Definitions and Supporting Documents [PDF]
summary of the almost 400 comments

■CNET Japan
・2005.10.28 スパイウェア対策の業界団体、スパイウェア対策ガイドラインを発表

■CNET News
・2005.10.27 Group pitches anti-spyware guidelines


【参考】
ASCがハイリスクと考える行動は
・大量の電子メールやワーム、ウイルスを使ってプログラム自らの複製を作る、
・セキュリティー上の弱点などを利用してユーザーの許可や認識が無いままプログラムのインストールを行う
などがあるようですね。




このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 米国 RFID付きパスポート発行へ | Main | 企業文化にもっとフォーカスを当てるべきでしょうね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/6735399

Listed below are links to weblogs that reference スパイウェア対策ガイドライン:

« 米国 RFID付きパスポート発行へ | Main | 企業文化にもっとフォーカスを当てるべきでしょうね »