« ソニー 社会的責任調達 | Main | 不正の防止には企業側「も」努力を? »

2005.10.08

内閣府 個人情報保護法の英訳

 こんにちは、丸山満彦です。内閣府の個人情報のページに個人情報保護法と政令の英訳(Tentative translation)が載りました。

 
■内閣府
個人情報保護法のページ

・・法律 日本語 English
・・政令 日本語506 日本語507 English

 海外の人に個人情報保護法を説明する時に大変だったのですが、これでとりあえずちょっとは楽になります。

悩んでいた、
保有個人データ; retained personal data
と訳していますね。

安全管理措置の部分ですが、
=====
Article 20 (Security Control Measures)
An entity handling personal information must take necessary and proper measures for the prevention of leakage, loss, or damage, and for other control of security of the personal data.

Article 21 (Supervision of Employees)
When an entity handling personal information has an employee handle personal data, it must exercise necessary and appropriate supervision over the employee concerned to ensure the control of security of the personal data concerned.

Article 22 (Supervision of Trustees)
When an entity handling personal information entrusts an individual or entity with the handling of personal data in whole or in part, it must exercise necessary and appropriate supervision over the trustee to ensure the control of security of the entrusted personal data.
=====

漏えい; leakage

と訳していますね。

OECD Guidelines on the Protection of Privacy and Transborder Flows of Personal Data

では、

unauthorised access

となっていますね。


このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« ソニー 社会的責任調達 | Main | 不正の防止には企業側「も」努力を? »

Comments

丸山 様

こんばんは。

個人情報の流出にしても何にしても,要するに,「データに対する無権限アクセス」にほかならないわけで,そのような行為についてどのような法的対処を考えるべきかが真の論点です。

このことについては,過去何年にもわたって機会あるごとに指摘してきたことなのですが,どうやらどなたも理解できる能力をお持ちのようでない。どなたも自分の頭で考える能力をお持ちでないようなので,私は疲れてしまって説得することを諦めてしまいました。虚しい気分だけです。

でも,国際的に通用する唯一の考え方は,「流出」でも「漏えい」でもなく「無権限アクセス」です。

これしかありません。

この考え方を採用することにより,仮にこれまでの刑法の教科書を全部捨てなければならないことになったとしても,それでも真理をまげることはできません。

Posted by: 夏井高人 | 2005.10.08 at 21:06

夏井先生、コメントありがとうございます。個人「情報」を客体って考えると、漏えいというより無権限アクセスこそが重要ですよね。
OECDでは、
====
Security Safeguards Principle
11. Personal data should be protected by reasonable security safeguards against such risks as loss or unauthorised access, destruction, use, modification or disclosure of data.
====
となっていますね。ちょっと海外の人に聞いてみますわ。「日本の個人情報保護法ではleakageとなっているけどどう思う」って・・・

Posted by: 丸山満彦 | 2005.10.08 at 22:17

丸山 様

夏井です。

生ビールを1杯賭けても良いですが,きっと,海外のお友達はこのようにお答えになるでしょう。

 「英語の表現としては下品だね」

Posted by: 夏井高人 | 2005.10.08 at 23:20

夏井先生、コメントありがとうございます。それはずるいですよ。。。っと、そんな話をしているからトイレに行きたくなったじゃないですか・・・。

Posted by: 丸山満彦 | 2005.10.09 at 00:02

夏井先生、こんにちは♪

アタシも無権限アクセスが情報の流失に繋がると考えています。

LeakageというのはITのセキュリティーの世界では受け入れられている用語ではないような気がしますが、カンで言っているのであとで調べてみます。

参考にする予定のサイトはISACAのTerminologyです。


ところで、丸山さん♪


先日、とあるセミナーで小耳に挟んだのですが、Direct Accessをモニターするのにいいアプリケーションがあるようですね。英語でProbeと言われたのですが、ネットで調べてもよくわかりません。何かご存知でしたらご教授いただけますでしょうか。

Posted by: koneko04 | 2005.10.09 at 02:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/6302484

Listed below are links to weblogs that reference 内閣府 個人情報保護法の英訳:

« ソニー 社会的責任調達 | Main | 不正の防止には企業側「も」努力を? »