« カネボウ粉飾 会計士立件へ? | Main | 選挙 »

2005.09.11

金融庁 企業会計審議会 内部統制部会の公開草案に対する意見

 こんにちは、丸山満彦です。企業会計審議会 内部統制部会から公表された、「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準(公開草案)」に対する意見について、公認会計士協会が意見の全文を、経団連が要旨を公表していますね。

 
■日本公認会計士協会
・2005.09.09 「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準(公開草案)」に対する意見
・・(1) 前書 A4判・1頁(28KB)
・・(2) 本文 A4判・13頁(100KB)

■経団連 (日本経団連タイムス
・2005.09.08 日本経団連タイムス No.2782 (2005年9月8日)
・・財務報告に係る内部統制の評価・検証基準の検討状況/公開草案へのコメント提出-基本的考え方など示す

■日本監査役協会
・205.09.02 「財務報告に係る内部統制の評価及び監査(公開草案)」に対する意見

 いずれも、実務指針が必要、段階的な導入がよい。といった意見があるようですね。私もそう思います。特に実務指針は必要で、これは、経団連が指摘しているように「素案作りの段愛から、企業を含めた適切な関係者が参加」することが大事だと思います。
 監査は、
(1) 監査される企業
(2) 監査する監査法人
だけではないですね。もっとも重要なのは
(3) 監査結果を利用する人(投資家など)
ですね。
 この当事者に該当しない金融庁は、むしろ制度全体の調整役に徹して、実務指針の内容にはあまり口を挟まないのがよいと思います。




このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。
  

|

« カネボウ粉飾 会計士立件へ? | Main | 選挙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金融庁 企業会計審議会 内部統制部会の公開草案に対する意見:

« カネボウ粉飾 会計士立件へ? | Main | 選挙 »