« 会計士に通報義務 | Main | 預金者保護法が成立 »

2005.08.03

仙台市 マイクロソフト社と自治体職員向けの「セキュリティガイドブック」作成

 こんにちは、丸山満彦です。仙台市、仙台ソフトウェアセンターとマイクロソフト社で職員向けセキュリティハンドブックを作成したようです。

 
■IT Media 2005.08.02
仙台市とMSなど、自治体職員向けの「セキュリティガイドブック」作成

ガイドブックは対象によって、
一般職員向け
システム担当者向け
の2種類があるようです

①一般職員向けガイドブックでは、
 1)職員が日ごろ心がけるべき心得や対策を解説するとともに、
 2)自己診断を通じてセキュリティ上の注意点を把握できるようにしている
ようです。

②システム担当者向けガイドブックでは、
 1)システムの企画・開発や運用といった各プロセスにおけるセキュリティ対策を支援するため、
 2)リスク評価およびそれに対応した対策の実施方法を解説している
そうです。

 他の自治体にも提供していくようですね。=>自治体の皆様




このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

 


|

« 会計士に通報義務 | Main | 預金者保護法が成立 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/5289135

Listed below are links to weblogs that reference 仙台市 マイクロソフト社と自治体職員向けの「セキュリティガイドブック」作成:

« 会計士に通報義務 | Main | 預金者保護法が成立 »