« カネボウ粉飾 監査法人が取引先の債務超過を過少報告? | Main | NSA Security Configuration Guides »

2005.08.08

住基ネット NHK BSディベート

 こんにちは、丸山満彦です。昨日、BSチャンネルで住基ネットについてのBSディベート(2005.07.31の再放送)をしていました。なんとか途中からみることができました。

 
 チャンネルをあわせるといきなり前川先生のアップに驚いたのですが・・・。約2時間番組で、住基ネットにどちらかというと賛成派2名(前川徹先生も賛成派)、反対派2名(清水勉弁護士と杉並区長)が出演していました。

 賛成派は、「行政の効率化の大きさを考えると、住基ネットの導入によっておこる多少のプライバシーは犠牲になっても仕方がないだろう。」ということだったと思います。

 反対派は、「番号による一元管理が現在及び将来のプライバシー侵害につながる可能性が十分にある。一律に強制参加ではなく、本人の意思を尊重すべきだ。その結果、行政の効率化は住基ネット以外の手段でも可能ではないか。」ということだったと思います。

 番組では、住基ネットの導入により、市町村での事務手続きが煩雑になった例も紹介されていました。また、事務手続きは市町村より、国側でメリットが大きいという話も紹介されていました。

 この番組でも言われていましたが、賛成派の前川先生も、「住基ネットの導入による行政の効率化の数字を政府ははっきり示さないとだめだ。」と、おっしゃっていましたが、まさにその通りですね。
 ちなみに、毎年200億円の経費がかかっていると番組の中では言っていたような気がしますが、経費と導入メリットの計算がしないとだめなんでしょうね。

 しかしよく考えてみると、住民に共通番号を付与することがメリットのようですね。カードの発行はあまり関係ない。なら、カードの発行枚数にはこだわらなくてもよいのにね・・・。
 住民側にたいしたメリットはありませんが、行政事務の効率化の結果、間接的に住民にもメリットがいきます。という説明にするとか・・・

 行政メリットでいうなら、もっとするところがあるような気もしますね。例えば、アメリカのようなSSNの導入であれば反対はしないですね。自営業者もサラリーマンなみに確実に所得が把握できる仕組みがあればよいのではないかなぁ・・・。

【参考】 このブログ
総務省 「住民基本台帳カードの利活用手法等に関する検討会」の発足


このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

 

|

« カネボウ粉飾 監査法人が取引先の債務超過を過少報告? | Main | NSA Security Configuration Guides »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/5360166

Listed below are links to weblogs that reference 住基ネット NHK BSディベート:

« カネボウ粉飾 監査法人が取引先の債務超過を過少報告? | Main | NSA Security Configuration Guides »