« 内部統制監査、文書化の対象範囲縮小 企業に配慮? | Main | 内閣官房 第1回情報セキュリティ政策会議を開催 »

2005.07.15

米国土安全保障省 サイバーセキュリティ対応を強化

 こんにちは、丸山満彦です。米国では、国土安全保障省のサイバーセキュリティ次官補職が創設され、サイバーセキュリティ対策が強化されることになるようですね。


■Department of Homeland Security 2005.07.13
Homeland Security Secretary Michael Chertoff Announces Six-Point Agenda for Department of Homeland Security
・・Organization Chart

 6つのポイントを発表したようですね。

=====
①Increase overall preparedness, particularly for catastrophic events;
②Create better transportation security systems to move people and cargo more securely and efficiently;
③Strengthen border security and interior enforcement and reform immigration processes;
④Enhance information sharing with our partners;
⑤Improve DHS financial management, human resource development, procurement and information technology
⑥Realign the DHS organization to maximize mission performance.
=====

 強化する対策として、サイバーセキュリティ対策があげられています。サイバーセキュリティのための次官補職をつくるようです。

=====
A new Assistant Secretary for Cyber Security and Telecommunications, responsible for identifying and assessing the vulnerability of critical telecommunications infrastructure and assets; providing timely, actionable and valuable threat information; and leading the national response to cyber and telecommunications attacks;
=====

それ以外にもバイオテロ対応なども高めるようですね。

【参考】 
■IT Media 2005.07.14
米国土安全保障省、サイバーセキュリティ次官補職を創設


このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。


|

« 内部統制監査、文書化の対象範囲縮小 企業に配慮? | Main | 内閣官房 第1回情報セキュリティ政策会議を開催 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/4975761

Listed below are links to weblogs that reference 米国土安全保障省 サイバーセキュリティ対応を強化:

« 内部統制監査、文書化の対象範囲縮小 企業に配慮? | Main | 内閣官房 第1回情報セキュリティ政策会議を開催 »